09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

これを遊ばず死ねるか!

2036/03/06
こんにちは、ガーデンゲームズ樫尾です。

このブログでは、基本的に「ガーデンゲームズ作品」を取り扱う、というつもりでした。しかし、そういった拘りよりも、いろいろゲームについての記事を追加し、このブログを内容的にボリュームを増していく方が、読んでいて楽しめるのではないかと考え、ガーデンゲームズのゲームにばかり拘るのはやめようかと考えました。

そこでブログの新しいテーマとして、

「これを遊ばず死ねるか!」

ということで、私自身が一人の遊び手としてとても楽しんだゲームの紹介をしようかと思っております。こういうゲーム紹介のブログとして、「ボードゲームランド」があるんですが、

http://boardgameland.blog31.fc2.com/

現状のボードゲームランドはゲームを「幅広く、中立的に」というつもりで書いております。ガーデンゲームズブログで取り扱うのはたくさんあるゲームの中でも特に気に入ったゲームだけにするつもりです。

これを遊ばず死ねるか!は記事を少しずつ増やしていくつもりですのでこちらも是非ご覧いただければと思います。



アイル・オブ・スカイ(スカイアイランド)
アブルクセン
アメン・ラー:カードゲーム
イスタンブール:ダイスゲーム
ウィナーズサークル
エルグランデ
エルグランデG&K(異端審問官と植民地)
エルドラド
王と枢機卿
お邪魔者
キングドミノ
クアックサルバー
クリベッジ(トランプ)
サムライ
サンチアゴ
ジンラミー(トランプ)
タージマハル
セレニッシマ(第二版)
ダイヤモンド(インカの黄金)
冷たい料理の熱い戦い
トーレス
ドワスレ
ニムト
バトルライン
バベル
バルバロッサ
ビッグショット
ブルームサービス
ベガス
ボーナンザ対決
マハラジャ
マンハッタン
マンマミーア!
メディチ
モダンアート
ラー
ル・トゥルック(トランプ)
レーベンヘルツ(旧版)
レーベンヘルツ(新版)
ALL GREEN
Xニムト
04:35 これを遊ばず死ねるか! | コメント(2) | トラックバック(0)

タージマハル

2019/10/01
DSCF6944s-.jpg
クニツィア先生の名作競り陣取りゲーム!

【どんなゲームなの?】
インドを舞台にエリアの支配、物産の独占で勝利点を稼ごう!というゲームです。難しめのゲームです。

やることは、競り&陣取り。

競りは少しずつカードをプレイ(手元に晒す)していきます。競りで、順番にカードが晒されていきますが、自分の順番になったらチェック!この段階でマークの数が(カードには人や象のマークが描かれている)単独トップならば【競りから離脱】することでマークの恩恵に預かれます。

マークの恩恵とは、人のマークならば楕円形チップと宮殿駒が得られ、宮殿駒をボード上に投入しましょう。位置が良ければ得点のチャンスです。さらにボード上に置いてある物産のタイルと同じ位置に宮殿駒を配置したなら、そのタイルもゲットできます(当然得点源です)。

象のマークならば八角形のタイルがもらえます。これには物産のマークが描かれています。物産も、特に種類を固めて持つと高得点です。

DSCF6945s-.jpg
舞台はインド、ムガール帝国12のエリアをランダムな順番で競っていきます。競って、宮殿駒を置いて、エリアに置かれている物産タイルをゲットしましょう!

IMG_20190923_173317s-.jpg
2人の場合は若干変則ルールになりますが、2人でも楽しい!

【面白さのポイント】
上の方で、このゲームは難しいと書きましたが、根幹になるシステムは実は単純です。競り。そして宮殿駒を配置する場所を決める。これくらいしかプレイヤーが決めれる部分がないのです。もちろん物産タイルを狙う、競りに用いるカードの色を定めるなど要素が多いです。この要素の多さが難しさと直結しています。しかし根幹は簡単。この難しさと簡単さのバランスが絶妙で、簡単すぎず、難しすぎず、ほど良い難易度がこのゲームの魅力です。

離脱競りというのはこのゲームの独特さです。普通の競りは、競りのディールで最も高い値を付けた人が落札しますが、このゲームでは自分の順番が回ってきた時点で競りに勝っているかどうかの判定をするのです。

競りの判定で適当な所で離脱します。すると他のプレイヤーにとってそれはチャンスかもしれないのです。なぜなら競りのライバルが減るからです。でもここはさすがのクニツィア先生です。一番最後に離脱する人はカードの補充が1枚減ってしまうのです。やはり先生は優しくないです。

得点の方法もこのゲーム独特ですが、エリア(宮殿)の得点も物産タイルの得点も、得点の入り方に規則性があるので覚えやすく、簡便です。つまり固めて持っているとガンガンに得点が入るのです。ゲーム終盤にガンガンに得点が入ってくる仕組みで、とても爽快感があります。

競りと陣取り。そしてクニツィア先生。いずれかにビビビッとくる方にはとてもおススメのゲームです。

04:38 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

サンチアゴ

2019/09/01
DSCF4876s-.jpg
【どんなゲームなの?】
陣取り・競り・水路・ワイロ。名作です。

ゲームはいくつかのステップを経て構成されますが難しくはないです。

競りにて自分の欲しい畑(を表すタイル)を獲得します。そしてそれをボード上へ配置。

競りで一番弱いビッドをした人は「水路の番人」になります。

みんなが自分の畑をボード上に置いたら今度はどこに水路を引くか話し合います(現金&ワイロ)。

この、

畑 水路 水路の番人 水がないと畑が干上がる ワイロ

という部分がこのゲームを際立たせる特徴です。

畑は水さえ通っていれば収穫(現金)につながります。さらに畑の面積が大きければ収穫量もグングン増します。

ゲーム終了時に、
労働者駒 × 畑の面積 
が現金収入になります。

ゲーム終了時に最も裕福なプレイヤーがゲームに勝利します。

IMG_20180811_142751s-.jpg
【面白さのポイント】
何と言っても「水路の番人」とワイロです。このシステムを際立たせるのは

水がないと枯れてしまう畑

という、ルール。そうですね、私は農業のことは分かりませんが確かに作物のためには水が要りそうです。そこで水路が当然要ります。この水路を縦横無尽に引けない!

そこで登場するのが水路の番人です。水路の番人がどこに水路を引けるか決める権限があるのです。どこに引く?ここで

ワイロの額で決めよう!

これまた分かりやすいルール。もちろんワイロを受け付けなくても構わない、水路の番人自らの耕作地のために水路を引いても構わない。

カネと水路をめぐる汚い(褒めてます)やり取りが楽しめるゲームです。素晴らしい!名作です。
04:02 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

マハラジャ

2019/08/01
DSCN0099.jpg
【どんなゲームなの?】
プレイヤーは偉いお方・マハラジャさまにお仕えする建築家です。マハラジャさまはインドを、自分の領土を旅してまわっているのですが、行く先々で建築家が、おもにマハラジャさまのお気に召すような立派な建物を建てることで接待します。

DSCN0103.jpg
ボードを広げました。多分、インドのどこかの地図なのでしょう。

気を良くしたマハラジャさまは建築家に褒美をくれます。こういった旅行を通じて一番たくさんの宮殿を建てることを目指しましょう。

まず、プレイヤーは自分のやりたいことを「秘密ディスク」という用具を使って決定します。

全員が決めたら次は 職業による順番 でアクションを実行します。

アクションには、宮殿を建てる、家を建てる、家のストックを手元に持ってくる、現金収入を得る、職業タイルを交換する

といったアクションがあります。

秘密ディスクで決定、そして実行。

最後にマハラジャさまのいる都市にて得点の計算が行われます。この得点計算で上位であるほどご褒美のお金が多くもらえます。このお金を使って、より迅速に宮殿を建てましょう。

【面白さのポイント】
細かいルールはいろいろあるのですが、基本となるルールは、

・秘密ディスクでやることを決定
・職業順にアクションを実行

これが基本なので結構簡単です。ルールの見通しが良いです。

そして職業能力による味付け。これもいい具合です。キャラ交換があるのですがこれによって、予定通りにアクションが実行できないこともしばしば。そういった場合にペナルティがちゃんと用意されているんですね。これは楽しい。他人の不幸は蜜の味です。

宮殿を建てるため、マハラジャからより多額のご褒美をもらうため如何に行動するか、たった2つしかないアクション、秘密ディスクの2本の針をどこに指すか、計画的思考力のゲームです。

IMG_20181007_130257s-.jpg
そしてゲーム終盤に向け、とても煌びやかな色彩のボードの美しさ。これも見所ですね。

DSCN0101.jpg
箱に収納しました。マハラジャ駒は左上の方です。
04:46 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

バベル

2019/07/01
DSCF4892s-.jpg
【どんなゲームなの?】
2人対戦ゲームです。

お互いタワーを建築するのですが、タワーには得点が描いてあり、これが終了フラグであり、かつ、勝利条件でもあります。

民族カードを建築現場に動員してタワーの建築を図るのですが、民族ごとのスペシャル能力を駆使することで相手の邪魔をし、かつ自陣営に巨塔を築きましょう。

2人対戦のせいか、自分の利益と敵の損害が直結しているのか、激しい殴り合いのような展開になるゲームです。ボコボコです。ボコボコ直接攻撃的ゲームが苦手な人にはあまり向かないゲームかもしれません。

DSCF4887t.jpg
【面白さのポイント】
トランプではなく、現代的なドイツゲームで、2人対戦でずば抜けて面白いと感じれるゲームは、バトルラインか、さもなければこれです。

単に高い塔を建てるだけでなく、相手の建築物を滅茶苦茶にする妨害工作競争、それが激しく面白いのです。民族は3枚揃って並ぶとスペシャル能力発動ができます。またテーブル上に並べられた民族カードをゴソッと移動させることも出来ます。

民族大移動とスペシャル能力のコンボ、これを決めて、敵の建築現場は更地に、味方に巨塔を築きましょう。
04:09 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

ダイヤモンド(インカの黄金)

2019/06/01
DSCN0472.jpg
【どんなゲームなの?】
ダイヤモンドは洞窟を探検するゲームです。

ダイヤモンドと「インカの黄金」はどうやらルールがほぼ同じ、というか同じゲームの別バージョンのようです。

この探検隊の面白いところは、探検しつつ探検費用を稼いでしまうというところでしょうか。莫大な富と名誉が君を待っているぞ!
DSCN0478.jpg
お宝ざっくざく~!稼ぐぞ~!

ルールは簡単、とにかく奥に進むか、引き返すかを判断するだけ。

奥に進む → リスクがあるけど稼げるチャンス
引き返す → 取ったお宝を確保し堅実路線

さて、これから潜る洞窟にはどれほどの財宝が眠っているでしょうか?

【面白さのポイント】
奥に進むか引き返すか。これしかないんですが、多くのプレイヤーが洞窟内に留まっている限りは公平に分けねばなりません。

もちろん、残っているメンツが減れば当然 残っているメンツだけで公平に 分けることになります。

つまり残っていればガツンと稼げるのです。でも我々が潜っている洞窟は安全ではありません。毒蛇や落盤事故など、いろいろな危険があるのです。その危険もお宝と同様に山札に仕込まれています。これがリスクであり、洞窟探検中止にせざるをえない危険です。

途中で引き返せば拾った宝を無事持ち帰れますが、同じ種類のリスクのカードが2枚めくれると探検は中断、その場合はお宝を置いて即座に逃げざるをえなくなります。

残るか、帰るか。残れば残るほど分け前が増え盛り上がり、同時に危険も増すのでやはり盛り上がるゲームです。

DSCN1044s-.jpg

04:45 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

エルグランデG&K(異端審問官と植民地)

2019/05/01
KIF_0256.jpg
【どんなゲームなの?】
名作陣取りボードゲーム・エルグランデ、の拡張セットがこのG&K(異端審問官と植民地)です。

エルグランデの拡張セットにはK&I(王と参謀)というものもあり、そちらもとても評判が良いのですが、私の好みはこちらの異端審問官と植民地の方です。その名が示す通り、通常のエルグランデに、異端審問官と植民地という2つの要素が加えられるのです。

KIF_0241.jpg
G&Kで加えられる新領土。アメリカ大陸、フランス、地中海、船団の4つです。

KIF_0244t.jpg
新領土をボードに加えてみました。

【面白さのポイント】
通常のエルグランデも十二分に面白いのですが、それに慣れたらこのG&Kもとても面白いです!

異端審問官とその手下、宗教騎士団の裏切りっぷりが見事、とても腹黒い感じが楽しいです。王も味方に付けたいが異端審問官様も味方に付けたい!ドラマチックな展開になるでしょう。

新大陸から取れる財宝は莫大で、ゲームの勝敗を左右します。

エルグランデと比べると要素が増した分、ちょっと難しくなっています。でも、味わい、感触がエルグランデと異なる感じもあり、これはこれでとても楽しめる、拡張セットとしてとてもおススメではと思います。

IMG_20160131_154719s-.jpg
アラゴンにいる、国王よりちょっと小さい奴が異端審問官です。いかにも小悪党な感じが魅力的です。
04:14 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

お邪魔者

2019/04/01
DSCN1065s-.jpg
【どんなゲームなの?】
「お邪魔者」vs「真面目金鉱掘り」?

このゲームはある意味ではチーム戦のゲームです。そのためある程度人数がいた方が圧倒的に面白く、最低でも5人以上で遊びたいゲームに思えます。

(お邪魔者のプレイヤーが最低1人いた方が面白いため)

ゲームの進行は至って簡単です。手札から1枚プレイする。そして補充。これだけ!

カードは3種類あり、

・掘削カード
・妨害カード
・リカバリーカード

多くは掘削カードですね。このカードをテーブル上に並べることで金鉱への坑道の広がりが表現されます。

DSCN1061s-.jpg
こんな感じでゴールに向けて掘り進めます。

そして妨害カードで気に入らない人の邪魔をします。ミルボーンというカードゲームの「赤信号」みたいな感じで、この妨害カードを出されると掘削カードプレイ不可になってしまいます。

そんな妨害カードを取り除くのがリカバリーカードです。味方と思しき人を救いましょう。

【面白さのポイント】
さて、このゲームは基本的には一種のチーム戦ゲームと言えるかもしれません。

お邪魔者チームは一致団結、金鉱にたどり着かないようにひたすら妨害を繰り出しましょう。

でも良いのでしょうか?

正体がバレても良いでしょうか?バレると真面目軍団から集中砲火に遭うのでは?それを避ける意味で、さりげない妨害が必要かもしれません。そうなるとこれは一種の正体隠匿ゲームと言うことになります。

また、真面目軍団も一筋縄ではいきません。金鉱にたどり着いたなら、勝利点を得るのですが、より高い得点を真っ先に取るのは一番手柄のあった人です。そうなると、一番手柄の争いになり……まるで足の引っ張り合いを演じる破目に。これは真面目なチーム戦でしょうか?

プレイヤー間の様々な思惑を、たった3種類のカードで表現しきっている、シンプルで、大人数で盛り上がるカードゲームです。

04:00 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

アブルクセン

2019/03/01
DSCF7248s-.jpg
【どんなゲームなの?】
アブルクセンはトーレスなどでおなじみクラマー&キースリングのカードゲームです。

トランプの大貧民(大富豪)みたいなカードゲームで、手札をなくせば勝ち!です。

IMG_20181224_170311s-.jpg

手札を捨てて置く場所が、大貧民と異なり、各人の手元に、各人用として用意されてます!

これが大貧民とアブルクセンの決定的違いですね。

また、他プレイヤーに対して 攻撃 ができます。

攻撃は他プレイヤーと自分を比べて、今捨てたばかりのカードが、

同じ枚数 かつ 数値が上

という条件で開始されます。

攻撃すると、敵のカードがもらえたり、敵のカードを手札に戻させたりします。

敵自身が自分のカードを手札に戻すのを拒否もできます。この場合は場札・山札からカードを補充し手札が増えます。

手札を捨てたり、攻撃したり、手札を補充したりで、手札を整え、一気に手札を捨てきる。これで勝利になるのです。

【面白さのポイント】
攻撃すること、これ面白いですね。敵の足を分かりやすく引っ張る手段です。でも攻撃されるのも時に良く、場札(6枚もある)から補充で手札が整います。同じ数値の札を固めて出すと敵ももはや足を引っ張れない。この、 まとめ出し作戦 が結構大事で、そういう意味では攻撃されるのも時にありがたいです。

徐々に手札が整い、
「どういう順番なら敵よりも機先を制することができるか」
これを考えるのがパズル的感覚でもあります。

カードを切る順番を考える、カードを出し切る、楽しいです。ルール的には少しひねった大貧民という印象だったのですが、それがここまで大化けするとは……さすがクラマー&キースリングです。

ちょっと意外に感じたのは、4人か、5人か、人数多めで思ったほど楽しめなかった点。運要素強く、流れをコントロールできないのがよろしくなかったか、私の中ではこのゲームは少人数推奨かもと感じました。


04:06 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

クアックサルバー

2019/02/01
IMG_20180930_175923s-.jpg
【どんなゲームなの?】
プレイヤーは、魔術師?祈祷師?占星術師?ちょっと怪しい職業の人間になり怪しい薬を調合する……度胸重要バーストいやいやバッグビルドゲームです。

各プレイヤーはそれぞれ袋1枚を持っています。そこに色どり鮮やかな材料チップを投入しそれを袋から引き、お鍋に投入!よりゴージャスな袋(の中身)を築きましょう。

IMG_20180930_162626s-.jpg

ゲームの手順は、
A:スペシャルカード1枚をめくる
B:2位以下の人間は干しネズミのハンデを設定する
C:袋からチップ引き、鍋に投入!
D:ラウンド終了時の処理
となっています。このゲームのメインの部分はCとDです。

Cでどの程度の引きをするか、Dで材料チップを買えますがそれの選択、これこそこのゲームの核心です。

IMG_20180930_174737s-.jpg

【面白さのポイント】
このゲームの経験が浅いうちは、ルールを読んでちょっと不安に感じた部分があります。手順Cの際、みんな一斉にやるけどイカサマ容易ではないか?ミス多発しないか?

他プレイヤーと絡みあんまりなくてソロプレイ感強い?

これらは杞憂だと理解してきました。

やってみればC手順は簡単ですし、イカサマする可哀想な人っていますか、実際?

ソロプレイ感ですけど、C手順で他プレイヤーから攻撃されたり邪魔が全然入らないので、一見ソロプレイ感強いと感じたんですが、これもそうじゃないですね。「サイコロ振り特権」が欲しいですから他プレイヤーの進み具合を見て考える必要があります。ちょっと、無理してでも追い越すべきか、バーストを避けるため慎重に行くべきか、「最後尾もしくは最後尾から2番目の色」の特殊能力にかんがみて敢えてストップかけるか、単に引いてお鍋ボードに置くだけなのに、決断のための要素がいろいろあり悩ましくも楽しいです。

バッグの中身を充実させること、どの色のチップを買うべきか、これも悩ましくも楽しい。

デッキビルドではなくバッグビルド。新たなスタイルのゲーム登場です。


04:41 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »