06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

これを遊ばず死ねるか!

2036/03/06
こんにちは、ガーデンゲームズ樫尾です。

このブログでは、基本的に「ガーデンゲームズ作品」を取り扱う、というつもりでした。しかし、そういった拘りよりも、いろいろゲームについての記事を追加し、このブログを内容的にボリュームを増していく方が、読んでいて楽しめるのではないかと考え、ガーデンゲームズのゲームにばかり拘るのはやめようかと考えました。

そこでブログの新しいテーマとして、

「これを遊ばず死ねるか!」

ということで、私自身が一人の遊び手としてとても楽しんだゲームの紹介をしようかと思っております。こういうゲーム紹介のブログとして、「ボードゲームランド」があるんですが、

http://boardgameland.blog31.fc2.com/

現状のボードゲームランドはゲームを「幅広く、中立的に」というつもりで書いております。ガーデンゲームズブログで取り扱うのはたくさんあるゲームの中でも特に気に入ったゲームだけにするつもりです。

これを遊ばず死ねるか!は記事を少しずつ増やしていくつもりですのでこちらも是非ご覧いただければと思います。



アイル・オブ・スカイ(スカイアイランド)
アブルクセン
アメン・ラー:カードゲーム
イスタンブール:ダイスゲーム
ウィナーズサークル
ウェスト・オブ・アフリカ
魚河岸物語
エル・カバレロ
エルグランデ
エルグランデG&K(異端審問官と植民地)
エルドラド
王と枢機卿
お邪魔者

カール大帝
キングダム
キングドミノ
クアックサルバー
クリベッジ(トランプ)
ゲシェンク
ゴブレット

サフラニート
サムライ
サンチアゴ
サンマルコ
ジキル博士vsハイド氏
紫禁城
死神プリスクール
ジンラミー(トランプ)
スティーブンスン・ロケット
スティッヒルン
セレニッシマ(第二版)
戦国時代

タージマハル
タイガー&ドラゴン
ダイヤモンド(インカの黄金)
多重塔
ツクルテン
冷たい料理の熱い戦い
天下鳴動
トーレス
トレンディ
ドワスレ
ドン・カルロ

ニムト

バトルライン
バベル
バルバロッサ
ビス20
ビッグショット
ブタなかま
ブラックスワン
ブルームサービス
ベガス
ボーナンザ対決

マハラジャ
マンハッタン
マンマミーア!
メディチ
メトロ
メンバーズオンリー
モダンアート

余計な料理人

ラー
ル・トゥルック(トランプ)
レーベンヘルツ(旧版)
レーベンヘルツ(新版)

ALL GREEN
Xニムト
04:35 これを遊ばず死ねるか! | コメント(2) | トラックバック(0)

死神プリスクール

2022/07/01
DSC_0343s-.jpg
【どんなゲームなの?】
死神プリスクールは、トリックテイキングゲームです。


「トリックテイキングゲーム」とは、「トリック」と呼ばれる小単位のゲームを繰り返し行うゲームです。
トリックでは、順番にプレイヤーが手札からカードを1枚ずつ順番にプレイします。全員が1枚ずつプレイ出来たらトリックが終わり、トリックの勝敗の判定をします。トリックで最も強力なカードをプレイ出来ていたらトリックに勝ち、トリックで出されたカードをゲット、手元に置いておくのです。


死神プリスクールでは、トリックの勝敗判定で、

A:トリックのカードが全部同じ色だった場合
B:リード(トリックの最初のカード)と同じ数値のカードが出された場合

この2つのケースごとにトリックの勝利条件が変わるのです。

Aの場合・・・一番大きな数値のカードの勝ち

Bの場合・・・フォローできているカードの中で最も数値が低いカードの勝ち

フォローとは、リードと同じ色か同じ数値のカードを出すことです。このゲームにはフォローの義務があるのでフォローできるのなら必ずフォローせねばなりません。

トリックを繰り返し行っていけば、いずれ手札が全員なくなります。この段階でラウンドが終わりです。

ゲットしたカードは数値別に分けて管理します。

数値別に見て4枚なら4点、2枚なら1点、1or3枚なら0点。
トリックを全然取らないとか、カードの色を独占しても勝利点が入ります。

一定数のラウンドが終わったのち最も勝利点を得ているプレイヤーの勝利です。

FVkQUrwakAAYPMCs-.jpg
【面白さのポイント】
私にとっては「2人でも遊べる」、「2人でも面白い!」というのは結構重要です。

このゲームは2人でも楽しいトリテなのです。

トリックの勝ち方が2パターンあって、単純に数値が大きければ良いわけではない、この一捻りが面白いですね。

ラウンドは進み、ラウンドの中盤になると各プレイヤーの狙いが鮮明になってきます。

ここで、

「このカードは絶対欲しい」
「これはくれてやろう」

などなど考えそして1枚を切る。表面的なアクションはカードプレイだけですが頭のなかはフル回転です。シンプルですが思惑が交差し、駆け引きがアツいゲームです。
04:47 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

戦国時代

2022/06/01
-khaatz202203160419s-.jpg

【どんなゲームなの?】
クニツィア先生のダイスゲームです。テーマ的には日本の戦国時代ですが、これはクニツィア先生、テーマ性薄目です。

DSC_0213s-.jpg

戦国時代の城郭を攻め落とそう!というテーマでサイコロを振りまくります。

DSC_0214s-.jpg
手番になったらとりあえずサイコロ群を振ります。そうしたら、どの城に攻め込むか決めます。

城にはこのゲームで用いる特殊賽と対応したマス目が描いてあります。カードに描かれているマス目全てを潰せば落城=カード獲得、となります。

サイコロ群1投で潰せるマス目は1列分です。もし列・マス目を潰せなかったら失敗ですが、失敗したら振れるサイコロ1個没収になります。そしてまた1投。

サイコロ振り、マス目潰し(あるいは失敗)、サイコロ振り、マス目潰し……

こうして城カードの全てのマス目が潰せたならカードを獲得し手番が終わりになります。あるいは振るべきサイコロがなくなってしまっても手番は終わりになります。

他プレイヤーが既に獲得済みに城カードを奪うこともできます。ただ、この場合は余計に「武者の目」を出さねばならないのでちょっと難しいです。また、城カードの色をそろえて獲得できているならもうその城カードは奪われなくなります。

場の城カード全てがいずれかのプレイヤーのものになったらゲームは終わりです。この段階で城カードからもたらされる勝利点を比較し、最も得点を得ているプレイヤーの勝利になります。

【面白さのポイント】
エイッとサイコロを振る。そうしたらどの城を狙うか、あるいはどのマス目を潰すか。ここが考え所です。ダイスゲームなのでやや運が強めかもしれませんが、そういうゲームも楽しいですね。このゲームは単なる運ではなく、振った後に考え所があるのでクニツィアらしい、シンプルさとジレンマがこのゲームにも健在です。サイコロゲームが好きな人、クニツィア作品が好きな人にはおススメのゲームです。
04:46 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

紫禁城

2022/05/01
DSC_0239s-.jpg
【どんなゲームなの?】
カルカソンヌ的タイル配置ゲームですが、カルカソンヌと異なるポイントは、タイル支配権で発揮される駒(カルカソンヌで言うところのミープル)がこのゲームには存在しません。代わりに、タイルにオジサンが描いてありますが、自分のオジサンで部屋を支配しましょう。

タイルを置いて多数の部屋からなる宮殿を作ります。

手番では、持っているタイル1枚を盤面に置きます。このとき、1つの部屋の床の色が異なる色にならないようにしなければなりません。

1枚置いたら1枚を補充し新たな手札にします。

部屋が完成した場合、つまり、部屋を囲う壁が閉じた場合、得点の処理をします。壁で囲われた部屋内でオジサン数を比較し、ここで多数派を占めていれば得点が得られます。

得られる得点は、
・完成された部屋のタイル数
・完成された部屋の隣(ドアが通じてれば隣になる)の部屋のタイル数
・完成された部屋と隣の部屋にいるドラゴンの数 × 3 点

このように点が入ります。

各人が持っているタイル数が2枚になったらゲームは終わりです。残ったタイルに描かれているオジサンとドラゴンが得点になって、この時点で最も得点の高いプレイヤーの勝利です。

DSC_0212s-.jpg

【面白さのポイント】
このゲームの得点の仕方がポイントです。得点が入るのは、
完成された部屋 及び その隣

ここです!ここがポイント!
完成された部屋だけでなく、その隣まで得点になるのです。このルールを活用すれば1つの部屋から何度でも得点が得られることになるのです。

そのため、得点の入り方が非常に派手で高得点が(うまくすれば)ガンガンに入るのです。ガンガンに得点が連続で入るのがとても爽快感があります。

しかし手番では1枚のタイルを置くだけととてもシンプルで、ここも好感触です。
04:26 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

トレンディ

2022/04/01
DSC_0195s-.jpg

【どんなゲームなの?】
ファッションの流行を作り、流行に乗り、ファッション界のリーダーになろう!……というテーマなのかなぁ。クニツィア先生作品らしく、あまりテーマとゲーム内容が合致してないかもしれませんが、ゲーム自体はとても楽しめるカードゲームです。

やることは至ってシンプル。手番になったら手札から1枚を手元にプレイ。そして山札から1枚補充。これを繰り返すのです。

ある条件に至ったのなら手元のカードが得点になります。カードには数値が書いてあります。その数値と、手元に置かれているカード枚数が合致したなら手元のカードが勝利ポイントカードとして確保されます。

このとき、カウントされるカードは、手番プレイヤーだけの手元のカードだけでなく、全員の手元のカード枚数全部が数えられます。そして、得点のトリガーが引かれたら、手番プレイヤーだけでなく全員が得点を得るのです。

勝利ポイントカードは各人が確保して、それ以外の手元のカードは全部捨て札になります。

山札が尽きた後もゲームは続行になり、尽きた後に得点計算一度でも行われたらラウンドは終わりです。

ラウンド終わりで得点を数えるのですが、数値が書いてあるカードはその数値がそのまま勝利ポイントになります。

ラウンドが終わり、得点計算後、100点以上になっていればゲームは終わり、最も勝利点を稼いだプレイヤーが勝利します。

特別なカードに、「2枚分」と「アウト」のカードがあります。

2枚分は、プレイ直後に手元のカード枚数カウント時に2枚分として数えます(仮に、2枚分に数えるときに、カードの数値よりも手元枚数が大きくなっても、勝利点化すると思います)。

アウトは、そのアウトカードが示す数値の手元のカードがゴッソリ捨て札になります。

IMG_20220124_124546_356s-.jpg

【面白さのポイント】
カードを切る。そして補充する。たったこれだけですね。しかもカードの内容も、「通常」、「2枚分」、「アウト」の3種類だけでとても簡素。

このルールで、勝ち切ろうとすると、運もありますが、手番でカードを切るという、選択。これが結構考えます。カードが得点化されるとき、自分だけが得点化のチャンスではなく、手元にカードを持っているプレイヤーならそれら全員の得点のチャンスなのです。つまり、他プレイヤーを出し抜くこと、これがこのゲームの目標なのです。

自分自身が目指すカードがあるとして、できることは手元カードを1枚ずつ増やすこと、それは他プレイヤーも同様。そこで、他プレイヤーの手元のカードを見て、相手の考えも考慮に入れたいところです。

全く異なるゲームですが、捨て牌から相手の挙動を読むという部分は麻雀に通じるところがあります。

引いてくるカードの全てが都合の良いカードではないです。すると、「目指すところのカード」、「どうでも良いカード」、「他プレイヤーを利するカード」があるのです。自分の持っているカードで、どれがどのカテゴリーに入るか。比較的、プレイしても大丈夫なカードはどれか。

とても簡潔、簡単、簡素なゲームでありながらとても考えさせる、正にクニツィア先生作品の一つなのです。

04:23 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

エル・カバレロ

2022/03/01
DSCN1186s-.jpg
【どんなゲームなの?】
陣取りボードゲームの金字塔、エル・グランデの姉妹ゲームです。

カルカソンヌのようなタイルゲームで、ゲームの進行はエル・グランデみたいなゲームです。

時代は、エル・グランデの時代、スペインの騎士たちは新大陸に至ったのです。まだ見果てぬ大地を舞台に騎士たちの陣取りゲームです。

まず、パワーカードで順番を決めます。パワーカードを時計回り順に1枚ずつプレイし、パワーカードの数値順で手番を行っていきます。

やれることはいろいろありますが……

1:手元の騎士を補充
2:地形カード置く
3:手元の騎士を盤面に登場させる
4:船を買い、登場させる
5:城を買い、登場させる
6:騎士をストックに戻す
7:船、城の移動

7つも選べるアクションがあり、2番の地形カードのみが必須のアクションで、その他はやるやらないは任意です。また、アクションはコストがかかるかもしれませんが任意の順番で実行できます。

地形カードを置くことで、このゲームの舞台になる大陸、島々、海が広がりどういった地形かが明らかになるでしょう。そして、3番のアクションで島々などに自分の騎士を登場させ、大地を支配するのです。3番アクションなどで手元の騎士が使われ減っていくので、1番アクションの騎士補充は大事です。この、騎士補充と関連付けられているのがパワーカードのプレイです。パワーカードには騎士のイラストが描かれていて、これが手元に補充できる騎士数なのです。

このゲームでとても大事なルールは、

盤面の騎士は、4つの辺のうち、1辺のみ陸地と接することができる。
もし、2辺から陸地と接するようになったら、その騎士はストックに戻される。

このルールを活用すれば敵の騎士を除去することが可能なのです。

騎士は、盤面、手元、ストックのいずれかにいます。
ストックからパワーカードで手元に来て、手番の行動で手元から盤面に登場。

ストック → 手元 → 盤面

実際にプレイヤーに点をもたらすのは盤面の騎士ですが上の記述のような手順を踏んで騎士は登場します。

盤面の騎士がいきなりストックに戻される(2辺陸地で盤面から除去されるとストックに戻される)のはキツいですが、それを少し緩和するのが城です。
騎士カードに置かれている城があるなら、その騎士は戻されるならストックではなく手元になります。

通常は騎士を使って陸地のみから点がもたらされますが、海も得点源になります。そのためには船がいります。

得点決算は、第4ラウンド直後、第7ラウンド直後の2回行われます。
陸地からは、陸地を支配する騎士数に応じて得点が入ります。陸地の広さの2倍の点が1位のプレイヤーに入ります。3・4人プレイの時は2位プレイヤーにも陸地の点が入り、広さ分の点が入ります。2人プレイの時は2位プレイヤーは全く点が入りません。
そして海からも船があれば点が入ります。

2回の決算後に最も点を稼いだプレイヤーが勝利します。

このゲームには、通常ルールのほか、さらにルールが追加されている上級ルールもあります。

FHBaVHEacAAi34Fs-.jpg

【面白さのポイント】
難しい!難易度の高いゲームだと思います。ルールが多いです。7種も手番のアクションがあってそれらをキッチリ把握するのが求められます。でも実際にやってみると、

手元への騎士補充、地形カードプレイ、騎士を盤面に登場させる

この3つのアクションが主要なアクションなので船や城はついで、という感じで主にこの3アクションをしっかり理解すれば大丈夫です。あと、騎士が除去される、陸地2辺状態、このルールはとても強烈かつ重要なのでしっかり理解しましょう。

この、騎士の除去にまつわるルールで非常にアグレッシブなゲームです。

難しく、アグレッシブなゲームなのでこのゲームは人を選ぶゲームです。しかし、パワーカードの選択から始まり、どの地形カードを選ぶか、盤面のどの位置に騎士を置くか、1つ1つの行動が重く、重要で戦術的思考をフル回転させるゲームであり、パワーカード選択は騎士補充とも絡んでいることもありとても戦略的思考が求められます。相手に勝つために、攻めるため、守るため、考えつくす濃厚な頭脳戦が楽しめる奥の深いゲームです。しかも「上級ルール」まで存在するのです。
04:43 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

タイガー&ドラゴン

2022/02/01
DSC_0159s-.jpg
【どんなゲームなの?】
牌のゲームです。

プレイヤーは、「受ける」と「攻める」をして、手元の牌を減らしていきます。手元の牌の枚数が0になったら勝ちです。

手番プレイヤーがまず、攻めます。攻めるとは、自分の持っている牌のうち1枚を公開します。これが攻めです。左隣の番になり、そのプレイヤーは攻められていることになるのですが、攻めで使われた牌と同じ牌で受けます。もし受けれない・受けないのならさらに左の番になり……とゲームは進行します。

攻撃を受けれたなら、受けのための牌を公開します。そして自分の手元の牌から1枚を新たな攻めのための牌として公開します。

攻めにせよ、受けにせよ、牌は公開され、未公開の手元の牌は減っていき、手元牌が0になればラウンドで勝利になります。ラウンドで勝利した場合、最も最後に手元牌として残されていた牌の種類により勝利点を得ます。勝利点が10点以上になったらゲームに勝利になります。

IMG_20211210_213123_501s-.jpg
【面白さのポイント】
このゲームの用具が牌であることはとても価値があることです。この、牌という用具はすごくワクワク感を感じさせるのです。

ルールは簡単です。攻めと受けしかありません。しかし、どの牌が通るか、通らないか、自分の手元牌とか、既に切られている牌などから推理することが楽しいですね。そして推理が的中し、こちらの攻めがガンガンに決まるとスカッとした感覚が得られます。

用具が牌であること、ルールが簡単であること、そういったことからすぐに取り出せて、それでいて本格的なゲームが楽しめます。

04:25 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

ドン・カルロ

2022/01/01
FF1O6SIVQAQybnzs-.jpg

【どんなゲームなの?】
カードゲームです。点を取る方法はいくつかありますが、ゲームの基本の流れは、

1:カードプレイ、国カードに対してエージェントを送り込む
2:得点を得る
3:自分の山札からカードを補充する

この、1~3を順番に実行したら手番が終わり、次の人の番になります。これを繰り返すだけで簡単なルールですね。

カードには数字が書いてあります。この数字はコードネームになります。

例えば、1、3、5という3枚のカードの組なら、135がエージェントのコードネームになります。ある国で、既に存在するエージェントと同じ名前、同じコードネームのエージェントはもう送り込むことができません。

また、このコードネームの数値と対応する国にしかエージェントは送り込めません。

例えば、コードネームが25なら、
2+5=7
国番号が7の国に送り込むということになります。

また、コードネームの数値ですが、だんだん数字が大きくなるようなコードネームしか認められません。

コードネーム14は認められますが、コードネーム41はルール上認められないのです。4は1より大きいですからね!

得点は、ある国にエージェントを送ることで、送った直後に、その国のエージェントの数だけ得点が得られます。
その国のエージェントの数が1人なら1点、2人なら2点、3人なら3点……という感じです。この得点を狙うなら、既に大勢のエージェントがいる国にエージェントを送れば良いわけです。

もし、カードを3枚プレイするときに、3枚がだんだん1ずつ大きくなるようなセット(例えば234)ならばボーナス1点が追加で得られます。

そして、3枚カードをプレイするとき、3枚ともが同じ数字のカードの時はボーナスは2点です。

ゲームが終わったタイミングで、最もその国にエージェントの人数を送っているプレイヤーがその国に対応する勝利点を得ます。

こうして、ゲーム中に得た勝利点とゲーム終了時にもたらされる勝利点を足し合わせてもっと勝利点を稼いでいたプレイヤーが勝利します。

FHBZ98-aQAAXqD1s-.jpg

【面白さのポイント】
このゲームはカードゲームです。国の点数(ゲーム終了時に得られる点)が結構高めなので、国の取り合いが大事で、この部分は陣取りゲーム的な感覚です。

各人が持っている4枚の手札を組み合わせてコードネームを作りますが、どういう組み合わせが有効かを考えるところはカードゲーム的で、カードの引き運も勝負を左右する要素で、これもカードゲーム的です。

ボードゲーム的な陣取り要素を持ちつつ、カードゲーム的要素もしっかりあり、とてもシンプルなルールでまとまっています。

このゲームを遊ぶときは、チップで得点を管理すると遊びやすいので可能ならチップを用意されると良いでしょう。

04:27 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

ウェスト・オブ・アフリカ

2021/11/01
DSC_0155s-.jpg

【どんなゲームなの?】
島々で、作物を栽培、そして売却で金を得て、金を元手に勝利点を得る、というゲームです。

ラウンドは、3つのステップを順番に行っていきます。

ステップ1:カードの選択
手札には役割がありますが、それを伏せて手元に置きましょう。1~5枚置けます。ただ、4枚までは無料で置けますが、5枚目を置くなら有料になってしまいます。

ステップ2:プレイしたカードの実行
手元に置いたカードには数値が書いてあります。その数値の合計値を求め、宣言せねばなりませんが、宣言した数値の低い順にこのステップ2を行います。

さて、カードにはいろいろ種類があり、カードプレイによりいろいろある種類のアクションを実行できます。

・作物を栽培する……作物を島に栽培しましょう。これがお金稼ぎの基本ですね。もし、労働者を働かせるなら栽培のコストを下げることができます。

・作物を売る……栽培で出来上がった作物を売ります。現金が得られます。

・入植地建設……このアクションをするには、島の市長になっていないといけません。島に入植地を建てます。直接的にたくさんの勝利点を稼ぐにはこのアクションです。ただ、それなりのお金がかかるのでお金稼ぎが大事なのです。

・労働者を動かす……このアクションで労働者駒を動かします。労働者は栽培のコストを下げる、選挙権がある、という役割があります。

・船を動かす……作物をよその島に持っていくにはこのアクションです。作物の価格は島によって異なります。もちろん売るなら高い島に持っていきたいですね。船にも選挙権があります。

5種類あるアクションですが、栽培、売却、入植地は、「島カード」が要ります。島カードと一緒にプレイすることで、どの島でアクションをするのかを決める必要があります。

労働者、船のアクションは島カードはいらないです。

ステップ3:ラウンド終わりの処理
このステップ3では駒を動かしたり次ラウンドの準備のための処理が行われるので、このステップでは全然考えずに淡々と進みます。

ステップ3で島ごとに選挙が行われ、得票が多ければ島の市長になれて、入植地を建てる権利が得られます。

まとめると、作物を育て、できれば作物を高値で売り、金を得て、金を元手に勝利点を稼ぐ、というゲームです。

E9jp3PjVEAM_8cIs-.jpg
【面白さのポイント】
ステップ1でどのカードを使うかをじっくり考え、ステップ2で実際に実行しますが状況次第では思い通りにプレイできず、その結果、臨機応変にプレイしたカード使用を考え直す、という部分がこのゲームの考えどころです。

ステップ1でのカード選択、プレイ計画を考えるのはロボラリーと似た感覚です。

ロボラリーはプログラムを組むのが楽しいレースゲームです。しかし、ロボラリーは2人で遊ぶとややボードがスカスカで、とても良いゲームではありますが2人には向いてないかも……と思います。

ウェスト・オブ・アフリカを2人で遊びましたがかなり楽しめました。ステップ1でロボラリー的なプログラム構築。そしてステップ2でプログラム実行。やることは、ロボラリーとはかなり異なる商業的なゲームだと思います。

カードプレイで、手番順がとても大事です。手番順を考慮しつつベストなカードチョイス、そして相手の思惑を超えた時の爽快感がとても楽しいゲームです。
04:02 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

キングダム

2021/10/01
DSC_0147s-.jpg
【どんなゲームなの?】

ライナー・クニツィアのボードゲームです。

このゲームは進んでいくと、盤上に、お城とかモンスターとか塔とかが置かれていきます。

自分の城から見て、縦横方向。将棋のような表現をするなら飛車の移動可能方向にあるタイルが得点になります。
得点はプラスのタイルが多めですがマイナスのタイルもあります。

さて、ゲームの進行ですが、

・自分の城を盤上に置く
・地形タイルをめくり、それを盤上に置く
・ラウンド開始時に与えられている1枚の地形タイルを置く

この3つのアクションのいずれかをします。そして盤面に空きマスがなくなったらラウンド終了です。
そうしたら得点計算ですが城から見て縦横方向にあるタイルのプラスやマイナスを計算して、勝利点を得ます。

3ラウンドが終わったらゲームは終了です。ゲーム終了時に最も得点が高いと勝利です。

DSC_0148s-.jpg

【面白さのポイント】
クニツィアらしい、シンプルだけどジレンマのボードゲームです。

城にはポイントがあり、ポイントが一番低い1の城はラウンドを越えて使いまわせますが威力のあるポイント2以上の城は1回使うともう使えません。威力のある城をどのタイミングで使うかの決断が大事です。

先に地形タイルをドンドン置けば有利なマスが分かってきますが、そんな感じで情勢判断で待ちの姿勢だと度胸のあるプレイヤーに良いマスを先に取られてしまうでしょう。地形タイルを置くべきか、それとも城か。

地形タイルをめくったのなら、今度は置く場所に関しても悩ましいです。

そして、山岳タイルやドラゴンのような特殊なタイルも少し混じっているのがアクセントです。

簡単で手軽なゲームなのでどなたにもお薦めできますが、特にクニツィアが好きな人にはぜひ遊んでほしいボードゲームです。

04:06 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »