02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

これを遊ばず死ねるか!

2036/03/06
こんにちは、ガーデンゲームズ樫尾です。

このブログでは、基本的に「ガーデンゲームズ作品」を取り扱う、というつもりでした。しかし、そういった拘りよりも、いろいろゲームについての記事を追加し、このブログを内容的にボリュームを増していく方が、読んでいて楽しめるのではないかと考え、ガーデンゲームズのゲームにばかり拘るのはやめようかと考えました。

そこでブログの新しいテーマとして、

「これを遊ばず死ねるか!」

ということで、私自身が一人の遊び手としてとても楽しんだゲームの紹介をしようかと思っております。こういうゲーム紹介のブログとして、「ボードゲームランド」があるんですが、

http://boardgameland.blog31.fc2.com/

現状のボードゲームランドはゲームを「幅広く、中立的に」というつもりで書いております。ガーデンゲームズブログで取り扱うのはたくさんあるゲームの中でも特に気に入ったゲームだけにするつもりです。

これを遊ばず死ねるか!は記事を少しずつ増やしていくつもりですのでこちらも是非ご覧いただければと思います。



アイル・オブ・スカイ(スカイアイランド)
アブルクセン
アメン・ラー:カードゲーム
イスタンブール:ダイスゲーム
ウィナーズサークル
魚河岸物語
エルグランデ
エルグランデG&K(異端審問官と植民地)
エルドラド
王と枢機卿
お邪魔者

カール大帝
キングドミノ
クアックサルバー
クリベッジ(トランプ)
ゲシェンク
ゴブレット

サフラニート
サムライ
サンチアゴ
サンマルコ
ジンラミー(トランプ)
スティーブンスン・ロケット
スティッヒルン
セレニッシマ(第二版)

タージマハル
ダイヤモンド(インカの黄金)
多重塔
冷たい料理の熱い戦い
トーレス
ドワスレ

ニムト

バトルライン
バベル
バルバロッサ
ビッグショット
ブタなかま
ブラックスワン
ブルームサービス
ベガス
ボーナンザ対決

マハラジャ
マンハッタン
マンマミーア!
メディチ
メトロ
メンバーズオンリー
モダンアート

余計な料理人

ラー
ル・トゥルック(トランプ)
レーベンヘルツ(旧版)
レーベンヘルツ(新版)

ALL GREEN
Xニムト
04:35 これを遊ばず死ねるか! | コメント(2) | トラックバック(0)

ブラックスワン

2020/12/01
EihEYV0UYAAjm1ws-.jpg
【どんなゲームなの?】

チャイコフスキーの音楽で有名な白鳥の湖。このゲームは、テーマ的には白鳥の湖なんですがテーマは割とどうでも良く(失礼)、牌を取ったり取られたりのゲームです。牌を取れば大体は良いのですが取るとマイナス点、しかも結構マイナス点デカい牌もあるので取れば良いのか悪いのか……。

EhJ3kLIVgAM7Hij.jpg

プレイヤーは14枚の牌を持ってスタートします。自分の番になったら牌を切ります。切った牌は場の牌になります。

切り方は

シングル…1枚だけ単独で切る

グループ…同じ数値の牌をまとめて切る

シークエンス…同じ色の数字が順番になっている牌を切る

以上の3パターンのいずれかで牌を切ります。

もし、切った牌が、場の7枚目になるようなら場の牌を取ります。取った牌は手札に加えるのではなく手元に得点牌として保持します。

使い勝手が良いワイルド(何の代わりにもなる)はマイナス20点。
インパクト最強ブラックスワンはシングルでしか出せず、マイナス100点。

得点を稼ぐゲームです。

EiWf0idUcAAmhhCs-.jpg

【面白さのポイント】
シンプルです。でも悩ましい。運要素もほどほどあります。相手の手を想像して最善を尽くすべきですが読み切れるような、読むのが難しくも楽しいです。読みの部分は心理的、巧みな牌を切るのは戦術的で、強烈なブラックスワン管理は戦略的でもあります。

また、個人戦しか経験ないですが2対2のチーム戦がこのゲームの本領発揮らしく、チーム戦の機会も作りたいですね

牌の手触り、使った感触がとても良いです。牌というものが遊びのために特化した道具であると感じられるゲームです。

このブラックスワン牌ですが、色が4色あり、各色は、A、2、3~10、J、Q、Kの13個あります。
ワイルドやブラックスワンをジョーカー代わりにすればトランプの代わりになるのでそういう意味でも使える牌です。

Ejcx9cUUwAAzu6Ns-.jpg

04:18 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

メトロ

2020/11/01
IMG_20200321_154205s-.jpg
【どんなゲームなの?】
パリの地下鉄を作ろう!というゲームです。

ルールの方はいたってシンプルです。

手番になったら、手持ちの線路タイルを置くか(プレイヤーは常に手持ちタイル1枚を保持している)、山から引いてきた線路タイルを置くかです。

線路タイルには当然線路が描いてあります。出発地から路線が伸び、いずれかに到着するでしょう。そこで路線が通過するタイルの枚数が得点になります。したがって、乗客の利便性とかなんとか、そんなものは全く無関係にとにかく伸ばせば良いのです。

ボード中央部に、中央駅があります。ここにつながると通常の2倍の得点になります。

線路タイルを置ききれればゲームが終わり、最も得点を稼いだプレイヤーの勝利です。

IMG_20200320_151819s-.jpg

【面白さのポイント】
ゲーム序盤は雲を掴むような感覚かもしれませんが盤面が埋まってくるにつれ、徐々に盛り上がってきます。

そして、長い線路で大得点という流れになり、線路タイルを数えるのがとても楽しく爽快感があります。

シンプルですが最善手をさぐるのが悩ましく、長距離路線のひらめきが気分をとても高揚させます。

04:42 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

スティーブンスン・ロケット

2020/10/01
IMG_20190331_173520s-.jpg
【どんなゲームなの?】
イングランドで鉄道網を築こう!というテーマの鉄道ゲームですが、各プレイヤーは鉄道会社をテコに儲けようと、公共性とかなんとかそんなものは微塵もありません。

プレイヤーができることは、

・丸チップ(品物が描いてある)を取る
・駅舎を建てる
・鉄道を伸ばす、そして株を得る

以上の3つのアクションのうち2つを実行します。同じアクションを2回でも構いませんが、同一鉄道会社の2度延伸だけは認められません。

駅舎建設が独特です。現実世界の駅舎建設って、線路敷設と並行して行われるんじゃないかと思いますがこのゲームの駅舎は線路からやや離れた場所に唐突に現れます。そういうルールなのです。現れた駅舎に向かって線路を伸ばし、見事くっつけば本当の意味での駅舎なるのですが、駅舎の隣を線路がスルーすることなどもこのゲームの世界では平気で起こります。拝金主義者のエゴイズムの結果なのです。

このゲームの都市は、

・鉄道スタート都市
・駅の都市
・大都市

の3種類があります。

鉄道スタート都市から鉄道は伸び始めます。機関車駒が置かれていて機関車を進め、その後ろに線路タイルを敷いていくのです。

線路が駅の都市につながったら、駅舎の決算になります。駅舎の決算はその鉄道に乗っている全プレイヤーの駅舎数を比べて1位2位に得点(お金)が入ります。

大都市は丸チップが置かれている都市です。あらかじめ丸チップを取得したうえでこの大都市につながると得点になります。

あと、鉄道はつながることで合併、ということになります。合併では、つながるように突っ込む側と突っ込まれる側で合併ということになりますが、突っ込まれる側が小さな鉄道会社でもそちらが存続することになります。この場合は消滅する鉄道会社の株の1位2位に収入になります。

1位と2位の得点ですが、1位は大きく満額、2位は小さく半額、3位以下は全く入らない、というシステムです。

ゲームが終わる、つまり線路タイルのストックがなくなるか、取れる株式が1種類のみになったらゲームが終わりになります。

ゲーム終了時に、丸チップ、駅舎、株式を得点化(現金化)し最も裕福なプレイヤーの勝利です。

IMG_20200811_165427s-.jpg
【面白さのポイント】
分かってみれば簡単とさえ言えるゲームですがルールに癖があるように感じます。

2~4人用のゲームですが、1位満額、2位半額のルール。2人プレイでも1位はともかくほんのちょっぴり株か駅舎か持っているとそれだけで巨大鉄道会社の2位得点が入るのが最初は違和感を感じました。でもそういうものだから、そういうルールの特性を生かした作戦を取れば良いだけなのです。

駅舎を線路からやや離れた場所に建てるのですがここも奇妙な感覚です。あうんの呼吸で協力すればすんなり駅舎建設はなりますが無論このゲームは協力ゲームではありません。つまり、敵対的なゲームなのでここでしっかり張り合うのが正解なのです。すると、線路を伸ばすたびに【拒否権】の応酬になります。

鉄道ゲームというか、拒否権ばかりの【拒否ゲー】がスティーブンスン・ロケットの重要なポイントに思えます。

また、吸収合併される鉄道会社の株式は、存続鉄道会社の株式にチェンジされますが、1対2の交換になります。つまり旧鉄道会社の2株を新会社の1株に変えねばならないのです。

このルールを利用して他プレイヤーが大株主の会社をわざとつぶしてむりやり別鉄道会社に飲み込ませるという作戦も重要です。ここでも線路を伸ばすことにより合併させるのですがそれに抗うのはやはり拒否権でしょう。

拒否権は株式を用いた一種の競りです。より多数の株式を捨てることにより線路をグイっと曲げ、思い通りの方向に伸ばすのです。

ボードはやや広く、どこから手を付けて良いか最初は迷います。しかしゲームが進むにつれ、誰がどの会社にどの程度入れ込んでいるか明らかになってくると利害が激しくぶつかり合い、足の引っ張り合いが熾烈になります。

熾烈な、激しいプレイヤー間の関わり。レーベンヘルツほどではないですがプレイヤー間の叩き合いは激しいゲームです。運の要素もありません。

やや癖のある難しめのゲームですがしっかりルールを飲み込んでみると、あらゆる要素が得点と綿密に絡み合い、無駄な要素がなく、駆け引きがアツく、多くの選択肢から最善手を考えるのが楽しいゲームです。そして、イングランドを縦横に伸びる路線を見るとなんだかそれだけでワクワクする、やはり鉄道ゲームです。

04:47 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

ゴブレット

2020/09/01
IMG_20180826_100444s-.jpg
【どんなゲームなの?】
マトリョーシカ四目並べ!それがゴブレットです。

駒に大小があり、大きな駒は小さな駒をかぶせることでなかったことにでき、同時に置くマスを占拠することにもなります。

手番を交互に行います。


《手番でできるアクション(二択)》
・盤外の駒をボード上に登場させる
・ボード上の駒を動かす、このタイミングで駒をかぶせることが可能(駒かぶせは、相手が小さい駒の時だけ可能)


手番を交互にしてボード上にて四目を揃えば勝ちです。

DSCN0259.jpg

【面白さのポイント】
このゲームは運の要素0パーセントです。そういうゲームは好みから、それることが多いのですがこのゲームはとても好きです。

かなりテンポが良い。あっという間にケリがつく。ルールが少なく手軽。

負けたプレイヤーの多くは、
「もう一勝負!」
と何度も何度も再戦を希望する。

再戦を希望されるのは明らかに良いゲームの証拠です。

面白いルールは、一旦触った駒は、それを絶対に使わないとダメ!というルール。
このルールが非常に面白いですね。ウッカリ即死、それがゴブレット。

ゴブレットゴブラーズという、三目並べもあります。このページで紹介しているのは「ゴブレット」。四目並べの方です。

04:32 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

ゲシェンク

2020/08/01
DSCF6207s-.jpg

【どんなゲームなの?】
変則競りゲームです。このゲームで登場するカードは全部マイナスカードです。このカードを取るのが嫌だ!だから金を払って回避する!というゲームです。

プレイヤーがやることは、

・チップを1枚払う
・場札を取る

この2つに1つです。チップさえ払えばマイナス札である場札を取らずに済みます。

もしチップがもったいない、あるいは戦術的にカードおよびそれに乗っかっているチップをドサッとほしい、そういう場合は場札を取るのです。チップの払いで溜まったチップはこのようにして誰かの手にわたり再利用されます。

また、カードは連番になるともっとも低いカードのみが有効になります。例えば、

15、16、17、18

こんな感じで4枚のカードを持っているとします。すると連番なので15のみ有効になりマイナス点は15ということになります。巧みに連番を作りマイナス点を減らすのはこのゲームでとても重要です。

チップ自体もゲーム終了時に、わずかばかりではありますが勝利点になります。ゲーム終了時に最もマイナス点の小さいプレイヤーの勝利です。

IMG_20200620_113440s-.jpg

【面白さのポイント】
シンプル!だけどすごく悩ましい!やることはとても簡単で、チップを払うか、溜まったチップ及び場札を取るか。2つに1つです。

ほしいカード(連番)だけどわざと引っ張る、するとみんなチップを払ってくれるのでわざと引っ張る。でも引っ張りすぎると堪えきれない誰かに取られてしまうかもと、ワクワクしつつハラハラします。

慌ててほしい場札を取るのが正解か、それとも引っ張る?チップの勝利点と比べてマイナスカードのマイナス点の大きいこと大きいこと。苦しくも楽しいカードゲームの名作です。

04:51 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

ブタなかま

2020/07/01
DSCF6006s-.jpg
【どんなゲームなの?】
農夫が出てきて、家畜が出てきて。酪農がテーマなんでしょうか?農夫駒を使って動物さんを集めるゲームです。もちろん、集めた動物さんを効率よく得点化したいです。

ゲームの流れは、
・動物タイルを置く
・農夫を置く
・動物タイルを集める
・得点化
・餌をやる

こんな感じでゲームを進めます。

まず盤面に伏せた状態で動物タイルを敷き詰めます。
そして、農夫駒を順番に置きます。このとき、置きたい位置の動物タイルをめくり、その後置くかどうかの判断ができます。

そして、なんやかんやで全農夫駒が置かれたら、農夫による動物ゲットです。農夫駒は一直線に動き、動いた場所にあった動物タイルをごそっと取ります。この動物取り移動が済んだ農夫駒は回収されます。

集めたタイルは得点化しましょう。同種4枚組で1枚分が得点になります。例えば、5が4枚あるとしたら5が1枚のみ得点になりその他3枚は箱に戻されるのです。

さらに、全くバラバラの種類の動物タイルも得点になります。この場合は7を1枚だけ確保しその他は箱に戻しましょう。

そして余っている動物さんに餌を与えて次ラウンドに持ち越します。餌に不足があるなら餌を獲得するために動物タイルを餌に変えます。この場合は、例えば4の動物タイルを餌にするなら4点分の餌を得ることができるのです。

こうして4ラウンドが終わったのちに最も得点を稼いでいるプレイヤーの勝利になります。

DSCF6010s-.jpg
【面白さのポイント】
シンプルさが良いなと感じます。運の要素もほど良くありますね。ちょっとした迷いもあり、プレイヤー間の絡みもあります。

4人で遊んだときに、あまりいいと感じられなかったんですが、2人でやったらとても楽しく感じられました。人数が多いと相対的にボードが狭いので少人数の方が選択肢があり楽しめるのではと感じました。

得点のタイミングで、どういった組み合わせが効率が良いのか考えるのが楽しいですね。次ラウンドで狙いの動物タイルを取れるかどうかは運要素がありますが、狙いが決まるとうれしいです。
04:05 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

カール大帝

2020/06/01
DSCN0708.jpg
【どんなゲームなの?】
フランク王国の偉大な王、カール大帝の後継者になるべく、王国領内に城建設競争で出し抜こう!と言うテーマです。城をドンドン建てれば良いのです。

まず順番決めです。円形チップを1枚出し小さいチップを出した順にアクションをします。

アクションは、

1:キューブを3個登場させる
2:カール大帝駒を動かす。到着した領土で優勢ならば城を1個置ける
3:サイコロを振って、出目に従いキューブを補充する

1~3を順番にやって手番は終了。次の人に手番が移ります。

こうしてゲームが終わった段階でよりたくさんの城を建てているプレイヤーが勝利します。

IMG_20200320_165705s-.jpg
【面白さのポイント】
簡単なゲームです。でも相手を出し抜くのは難しいです。キューブ(騎士)を領土に置くべきか、支持率ボードに置くか考える焦点は絞られているので簡単と言えば簡単ですが、相手も同等の条件なのでやはり出し抜くのは難しいですね。

補充される騎士はカラーダイスで決まります。ダイスなので運です。でも結局作戦次第ということもあり、運要素もほど良いですね。運要素がほど良くあるので一手一手が重くなりすぎることもありません。

陣取りゲームが好きな人にはとてもお薦めできるボードゲームです。

04:17 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

多重塔

2020/05/01
IMG_20200406_095457s-.jpg
【どんなゲームなの?】
クニツィア先生の日本舞台のボードゲーム、多重塔です。

IMG_20200408_144523s-.jpg
聖徳太子にお仕えして六重の塔を4つ作ろう!というゲームです。五重の塔じゃなくて六重の塔なんですね。

プレイヤーは手番になったら次の5種類のアクションを任意の回数、任意の順番で行います。

・フロアを袋から引く
・キューブを塔に乗っける
・タイルを買う
・手元のフロアを建築する
・目的タイルを獲得する

アクションをやるにはアクションポイントが要ります。アクションポイントを得るには、フロアを建築したり、キューブを塔に乗っけることで得られます。また、アクションをするためのタイルのうちの1枚は、アクションポイントを消費せずに済むのです。

目的タイルや大仏タイルなどに勝利点が描かれています。これを得るにはアクションポイントを使わねばならないでしょう。

だから、アクションポイントを得る、そしてアクションポイントを効率的に勝利点に変換する、そういうゲームです。

IMG_20200405_170155s-.jpg

【面白さのポイント】
できることがあれこれあり、取るべきタイルもあれこれあり、どういう順番でタイルを取るか、優先度を考えるのが楽しいです。いろいろな勝ち筋があり、とにかく早く自分の順番が回ってこないか楽しみなゲームです。

またくじ引きが楽しいゲームです。袋から塔のフロアを引くんですが、ここの部分が運任せな部分ではあるんですがフロアの体積を指で感じ取らねばならないため運もほど良いです。単純にワクワクしながらフロア引きます。大きさを指で感じ取るというのはとても独特です。

まとめると、多様な勝ち筋と、ワクワクするくじ引き的運の面白いゲームです。
04:36 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)

サフラニート

2020/04/01
DSCF6240s-.jpg
【どんなゲームなの?】
頭も体も使うボードゲーム。それがサフラニートです。

カードのめくり運がある!という部分が、このゲームをスポーツから切り離し、ボードゲームにしているのでは、と思います。

プレイヤーは順番になったら硬貨を盤上に投げ入れます!これは、運動神経もしくは練習できっと技量の向上が望めるでしょう!

ボードはいくつかのエリアに分かれています。9つの香辛料と4種のアクションマスです。
DSCF6241s-.jpg
売りたい場合や買いたい場合は、目当てのエリアに硬貨を投げ込みましょう。

うまく香辛料を手に入れ、3種のスパイスを組み合わせて、ブレンドカードを入手しましょう。これを3枚集めればゲームに勝利となります。

【面白さのポイント】
このゲームの独特なポイントは、なんと言ってもアクション要素です。アクション要素があるため、本当にプレイがままなりません。このアクションの難しさ具合が絶妙で、たまにうまくいく、うまくいきすぎない、素晴らしい難易度になっているのです。

DSCF6242s-.jpg
ボードには「フチ」が付いており、フチを使ってうまくバウンドさせると超気持ちいいです。

アクション要素がありつつ、お金や香辛料カードをやり取りする部分はとてもボードゲームらしい部分。アクションとゲーム性の融合がこのゲームを非常にユニークにしています。単にユニークなだけでなく洗練されたゲーム性もゲームバランスもとても素晴らしい、アクションゲームの名作です。

IMG_20180922_144300s-.jpg
04:48 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »