02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

さいころ花あそび

2023/04/15
DSC_0578s-.jpg
さいころ花あそび
ゲームデザイン:樫尾忠英 アートワーク:ことり寧子
2人以上 10歳以上向け 所要時間 プレイヤー1人当たり10分程度
イベント価格:2000円 ショップ価格:????円(ショップ価格は未定です)

近頃の若い人らは【ぼーどげぇむ】が流行ってるいうて、お客はんからもようお聞きいたします。この【さいころ花あそび】は祇園の花街に伝わるお座敷遊びで、さいころを振って、『もう一回振らはりますか?やめはりますか?』を考えるだけの簡単な遊びどす。さぁさぁそこのお兄はんも、お姉はんもうちの相手になってくれよし。

このゲームはダイスゲームです。プレイヤーは1回の手番で3回までダイスを振れます。5個のダイスを使って1つの面子(揃っている3個組のダイスのこと)を作ってください。3つの面子で規則正しくダイスの目が揃っていれば役ができます。役を作ることで得点が得られます。3ラウンドが終わった段階で最も得点を稼いでいればゲームに勝利になります。


ゲームマーケット2023春のガーデンゲームズの新作ゲームです。
04:30 さいころ花あそび | コメント(0) | トラックバック(0)

さいころ花あそびの遊び方(詳しく)

2023/04/14
DSC_0578s-.jpg
さいころ花あそび は、ダイスの出目を揃えて役を作る、麻雀的ゲームです。麻雀風ゲームで、役は複合します。高い役の組み合わせで高得点を目指しましょう。3ラウンド終わって、最も得点を稼いだプレイヤーの勝利です。

DSC_0575s-.jpg
得点シートをコピーして人数分用意してください。このゲームはルール上、プレイヤー人数に上限がありません!

と言ってもテーブルの大きさや待ち時間の関係もあるので6人程度が事実上の上限かと思います。

まず、ドラを決めます。もし、ドラと合致する目があるならドラと呼ばれるボーナスが得られので高得点を目指すにはドラを意識されるべきかと思います。ドラはシートに記入してください。

自分の番になったら、5個のサイコロを振ります。

DSC_0564 - コピーs-

1回振ったら、少なくとも1個のサイコロは確定させなければなりません。

2回振り直せます。つまり、1回の手番では3回サイコロを振れるのです。

5つのサイコロ全てが確定になったら、そのうち3個を選びます。この3個の目を得点シートに記入してください。さらに、記入した3個の目のうち、大きな2つの合計値を「3個組の得点」欄に記入してください(これは得点になりますので大きな目の方が有利です)。

こうして手番は終わり、左隣のプレイヤーの番になります。

全員が3回ずつ手番を終えたら役の得点を記入してください。

役の得点は、「役シート」と「役確認駒」を使えば簡単に割り出せます。役は、向日葵、紫陽花など花の名前がニックネームとして付けられています。

これでラウンドが終わりです。

3回ラウンドが終わり、各プレイヤーは自分の「役の得点」と「3個組の得点」の合計を求めましょう。これがそのプレイヤーの得点です。最も得点を稼げばゲームに勝利となります。
04:33 さいころ花あそび | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |