06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

熟語トランプで遊ぼう「熟語麻雀」

2012/07/24
熟語トランプで遊ぼう!
(こんな熟語トランプのルールを考えてみたよ)
以前にボードゲームランドに掲載されていた熟語トランプを使った遊び方


掲載日:2009年3月1日
更新日:2009年5月30日

ゲームタイトル:熟語麻雀
ゲーム可能人数:2~4人
ゲーム推奨年齢:12歳以上
カバレロ考案

ゲーム概要:熟語トランプで行う麻雀です。熟語麻雀は手札を揃えることが目標のゲームです。通常、手札は5枚ですが、自分の手番の時にカードを1枚引きますのでいったん6枚になります。この時に「組み合わせ」がそろっていると、得点を得ることができます。あと、他人が捨てたカードで上がることもできます。

ゲームの進行はシンプルで、手番になったら手札にカードを1枚足し、そして最もいらないカード1枚を捨てます。これを順番に行い、組み合わせを揃えることを目指します。

麻雀未経験者のためのアドバイス:このゲームは麻雀のルールを一部だけ拝借していますが麻雀とは全く別のゲームです。麻雀の経験がなくても熟語をある程度知っている中学生程度以上なら難なくプレイが可能でしょう。

ゲーム用具:熟語トランプ1組(ジョーカー2枚を含む)。辞書(電子辞書でも可)1冊。得点チップ:10点チップ=16枚、5点チップ=12枚、1点チップ=20枚

プレイヤーの役割分担と呼称
それぞれの局において、プレイヤーのうち1名が親という役割を担当します。その他のプレイヤーは子と呼ばれます。親は東家(トンチャ)とも呼ばれ他のプレイヤーを親から反時計回りに南家(ナンチャ)、西家(シャーチャ)、北家(ぺーチャ)と呼びます(4人プレイの場合)。ゲーム開始時の親を起家(チーチャ)と呼びます。ひとつの局が終了すると、それまで南家であったプレイヤーが次の局の親(東家)となりますが、連荘の場合は例外で前局の親が次局でも親になります。

自分の左側のプレイヤーを上家(カミチャ)、右側のプレイヤーを下家(シモチャ)、そして正面のプレイヤーを対面(トイメン)といいます(4人プレイの場合)。また、自分以外のプレイヤーを総称して他家(ターチャ)といいます。

ゲームの準備
座席および起家の決定:ゲーム開始にあたり、各プレイヤーの座席を決めます。座席の決定方法は次のとおりです。

・まず各人が好きな場所に座る。
・山札からプレイ人数分のカード(4人なら4枚、3人なら3枚、2人なら2枚)を裏返してテーブル上に置き、各人がそこから1枚ずつめくる。
・最も大きい数値のカードをめくった者は位置が変わらず、そこから反時計まわりに2番目・3番目・4番目に座る。同値の場合は、スペード、ハート、ダイヤ、クラブの順に大きいとみなす。エースは14扱い、キングは13扱い、クイーンは12扱い、ジャックは11扱い。
・起家は席決めの時に最も大きい数値のカードを引いたプレイヤーです。

初期持ち点の分配:各プレイヤーにチップ60点分ずつ配ります。(10点チップ4枚、5チップ3枚、1点チップ5枚)

ラウンドの準備:親はカードを裏向きにしてよく混ぜ、右隣の人にカードをカットしてもらいます。そして、親自身には6枚、他のプレイヤーには5枚ずつになるように配ります。残りを山札にします。

ラウンドの進行:親が最初の手番を行います。最初の手番では6枚の手札から1番不要なカードを捨てて手番終了です。もしも配られた6枚のカードが完全にそろっていれば上がることができます。

・以降の手番では山札からカードを1枚引きます(山札からカードを引くことを「ツモ」と言います)。一時的に手札が6枚になりますが、条件が整っていれば、上がりを宣言できます(ツモ上がり)。

・ツモ上がりができないのなら、手札からもっとも不要と思えるカードを手元の捨て札置き場に置きます。手元の捨て札置き場は誰が捨てたか分かるようにプレイヤー別にしておきます。以上で手番が終了です。次の手番は右隣のプレイヤーに移ります。

熟語麻雀の基本
・上がるためにはカードの「組み合わせ」が、そろっている必要があります。

組み合わせは2種類あり、「二字熟語3組」か「3枚組2組」かです。

二字熟語3組は、例えば「念力、本格、楽園」のような感じです。

3枚組には
スリーカード」と
二字熟語連続」と
二字熟語2個」と
三文字熟語
の4通りがあります。

スリーカードとはカードに書かれているトランプとしての数字が、3枚とも同じカードのことです。

二字熟語連続は「日本音」(日本・本音)のように、二字熟語が連続している形です。

三文字熟語」とは「後半生」の様に3文字で一組の熟語になるような組み合わせのことです。

二字熟語2個とは、「本意用」のように三文字熟語でなく、二字熟語が連続でつながっているわけではないが二字熟語が2個作れる状態のことです。この例だと、「本意」、「用意」という風に2個熟語が作れます。

・ジョーカーは2通りの使い方があります。
1.「々」という字にして使う。この場合、「人」というカードがあればジョーカーと一緒にして「人々」という熟語が作れます。
2.スリーカードの一部として使う。この場合はトランプの数字部分に着目して全く任意のカードとして使えます。

他人の捨て札を利用する
他人が捨てたカードを利用する方法があります。それが、「ポン」と「チー」です(この熟語麻雀では「カン」がありません)。ポンとチーのことを、「鳴く」とも言います。

「ポン」はいずれかのプレイヤーの捨て札があればスリーカードができる場合に「ポン」と宣言し、その捨て札を拾ってきます。拾ったカードを利用してできたスリーカードは表向きにして手元に置いておきます(自分の捨て札と混ざらないように気を付けてください)。

「チー」は捨て札を利用して「二字熟語連続」もしくは「三文字熟語」もしくは「二字熟語2個」ができる場合に「チー」と宣言し、拾ってくることができます。麻雀のチーと異なり、上家以外からでもチーができます。カードを集めるためには鳴くことも必要かも知れませんが、鳴くとリーチをかける事ができなくなります。同時に鳴いた場合はポンが優先になります。チーが同時の場合は反時計回りに見て手番プレイヤーに近い方が優先します。

リーチ
鳴いていない状態でなおかつあと1枚で上がれるという状態(テンパイ)になれば、リーチをかける事ができます。

リーチをかける場合は、まず、捨て札を横向きにして捨てて1点チップをテーブル上に置きます。このテーブル上に置かれたチップは「供託」されている状態になり、このラウンドで勝ったプレイヤーのものになるのです。

リーチをかけると、手札の組み換えができなくなります。つまり、ツモったカードで上がるかロンで上がるかのいずれかを目指すのです。リーチをかけた後にいいカードが来ても、それで上がれないのならそれを捨て札にせねばなりません。

リーチをかけた状態で上がることができたのなら、基本点に3点上乗せされます。もしもリーチがかけられていながら流局になった場合は、次ラウンドの勝者が供託されたチップを得ます。

得点
いずれかのプレイヤーが上がれば得点計算に移ります。

得点計算で、重要なのが、「ツモ上がり」なのか「ロン上がり」かです。

ツモ上がりの場合は、ツモ上がりをしたプレイヤー以外のプレイヤーが、上がったプレイヤーにチップを払います。ロンで上がるというのは他人の捨て札で上がることです。このときに、「ロン」と宣言する必要があります。この場合、上がるきっかけになったカードを捨てたプレイヤー1人だけがチップを払います。

親が上がった場合、親の手札(手元にさらしているカード含む)を見て合計点(合計値が基本点になります)を求めます。

カードの点は青:1点、ピンク:2点、黄色:3点、緑:4点、茶色:5点、ジョーカー:0点です。

基本点を求めてそれを1.5倍した点数が、親が受け取る点数です(端数は切り上げ)。親のツモ上がりの場合は親が受け取るべき点数を子の人数で割って、端数は切り上げて払います。例えば、親の上がり点が10点でリーチをかけていた場合、子が3人(4人プレイの例)ならば、

(10+3)×1.5=19.5

20点が、親が受け取るべき点数です(暫定。子の人数により増える可能性がある)。子の人数が3人ですので、

20÷3=6.66…

端数を切り上げるので子1人が払う額は7点ということになります。

子が上がった場合は親の得点のように2倍になるということはありません。子のツモ上がりの場合、親は子の2倍の負担をします。4人プレイなら2/4、3人プレイなら2/3を負担します。そして残りの額を子の人数で頭割りした額を子が負担します。端数は切り上げです。例えば、子の上がり点が10点でリーチをかけていた場合、親1人残りの子が2人(4人プレイの例)ならば、

(10+3)÷2=7.5

親の払う額は8点です。

子は

7.5÷2=3.75

4点を負担します。

この様にして求めた得点に後述の連荘のボーナスを加えた額が支払うべき額になります。連荘のボーナスについては後述します。

半荘
熟語麻雀は、半荘(ハンチャン)を単位として競技します。

半荘は大きく前半と後半に区分され前半を東場(トンバ)、後半を南場(ナンバ)といいます。

東場・南場はそれぞれ4つの局から構成され(4人プレイおよび2人プレイの場合。3人プレイ時は3つの局)、東1局から開始され、東4局が終了した後は南入といって南1局に入り南4局の終了をもって1試合とします。

簡単に例えるなら、麻雀は1試合8ラウンドで争われるということになります(2人、4人プレイ時。3人プレイ時は6ラウンド)。

ただし連荘(詳細は後述)が生じた場合は局が追加されるため、必ずしも8局(3人プレイ時は6局)で終わるとは限りません。また、プレイヤーの誰かの持ち点がマイナスとなった時にはハコテンとして半荘が終了です。

基本的には、親が上がった場合に連荘が発生します。また、流局(誰も上がれずにツモるためのカードの山が尽きる場合)の場合も連荘になります。連荘が生じた場合、次の局は「東m局n本場」あるいは「南m局n本場」と呼びます。

ここで、mは直前の局と同じ数字、nは連荘の回数を示します。連荘の場合、mにあたる数字が変わらないため、半荘全体の局数が増えることになります。上記のnに相当する数字を本場数といい、目印として親が卓上にn枚の1点チップを置きます。この1点チップを場チップと呼びます。なお、場チップは供託されたものではなく、親の持ち点の一部です。n本場の局においては、ロンで上がったときの点数にn×3点が加算されます(3人プレイ時はn×2点)。ツモ上がりの場合には、各自の支払う点数がn×1点だけ増えます。

その他のルール
三家和:三家和(サンチャホー)は、4人プレイ時に、あるプレイヤーの捨てカードに対して、他の3名全員がロンを掛けた場合を、特別に流局とするルールです。三家和が成立した場合、その局のチップ収受は行われず、次の局に移ります。

チョンボ:熟語が完成したと思ったものの実際には熟語が完成していなかった場合、チョンボになります。チョンボの場合は、チョンボをしたプレイヤーが他プレイヤーに1点ずつ払いラウンドを継続します。ただし、チョンボをしたプレイヤーは「あがり放棄」とみなします。チョンボをしてしまうとあがることができなくなります。その場合は流局を目指すべきでしょう。あがり放棄になった場合はポンやチーやリーチができなくなります。

フリテン:スリーカードを作る場合に自分の上がりカードを既に自身が捨てている場合は「フリテン」ということになり、そのスリーカードを作ってのロン上がりは認めません。

辞書を引く:自分の作った熟語にいまいち自信が持てない場合は辞書を引くことを認めます。ただし、この場合は辞書の使用料として1点を供託しなければなりません。

天和:親が局の初めでカードが配られた状態で既に上がれる場合は「天和(テンホー)」になります。この場合、リーチはかけられないのですがリーチがかかっているとみなし、基本点に3点を上乗せします。

地和:子が局の初めの段階でテンパイしていて1枚のカードをツモってきたときに上がれる状態を「地和(チーホー)」と言います。この場合、リーチはかけられないのですがリーチがかかっているとみなし、基本点に3点を上乗せします。ただし地和の前にポン、チーがあると地和は成り立ちません。

人和:子が局の初めの段階でテンパイしていてツモる前に1枚のカードをロン出来た状態を「人和(レンホー)」と言います。この場合、リーチはかけられないのですがリーチがかかっているとみなし、基本点に3点を上乗せします。ただし人和の前にポン、チーがあると人和は成り立ちません。

ゲームの終了
2人もしくは4人プレイ時は8局、3人プレイ時は6局が終わったらゲームは終了です(ただし、連荘やハコテンのルールがあります)。

ゲーム終了時の得点を数えて最も多いプレイヤーの勝利です。

04:10 熟語トランプで遊ぼう | コメント(0) | トラックバック(0)

熟語トランプで遊ぼう「熟語台札」

2012/07/24
熟語トランプで遊ぼう!
(こんな熟語トランプのルールを考えてみたよ)
以前にボードゲームランドに掲載されていた熟語トランプを使った遊び方


更新日:2009年7月12日

ゲームタイトル:熟語台札
ゲーム可能人数:2~4人
ゲーム推奨年齢:10歳以上
カバレロ考案

ゲーム概要
熟語トランプの遊び方の一つです。手番プレイヤーが山札から1枚カードをめくり、それが必要なら確保できます。手札のすべてを組にできれば上がることができ、得点を他プレイヤーからもらいます。

ゲーム用具
・熟語トランプ1組54枚(ジョーカーも使います)
・チップ(得点記録用)

ゲームの準備
・適当な方法でディーラーを決めます。
・カードは裏向きにしてよく混ぜ、山札とします。全プレイヤーに7枚ずつを配ります。
・チップを各プレイヤーに60点分ずつ配ります。これが初期資金になります。

ゲームの進行
・ディーラーが最初の手番を行います。

・手番プレイヤーは山札から1枚カードを引き、それを表向きにしてテーブル中央に置きます(このカードを台札と呼びます)。

そして台札を要ると思えるプレイヤーがいるのなら、そのプレイヤーが台札を用いてできる組を完成させ、手元に置きます。

そしてそのプレイヤーの手番になり、手番プレイヤーは手札からもっとも不要と思えるカードを手元(自分の作った組と混ざらないように気を付けましょう)に1枚捨てます。

これが新たな台札になります。あるいは捨てるカードが無いのなら(手札がすべて組になっているのなら)上がることができます。

もしも台札が誰からも必要とされていない場合は、その台札は捨て札になり手番は終了します。

左隣のプレイヤーが新たな手番プレイヤーになり山札から1枚カードをめくります。このめくられたカードが新たな台札になります。

台札を取る優先順位
(優先度高い)ロン>手番プレイヤーの台札取得(ツモ)>カン>ポン>チー>ペア>二字熟語(優先度低い)

もしもこの順位が同じ場合は時計回りに見て、手番プレイヤーに近いプレイヤーが優先します。


用語の解説

組とは…
フォーカード(トランプの数値が同じカード4枚組)か、
四字熟語か、
スリーカード(トランプの数値が同じカード3枚組)か、
三文字熟語か、
二字熟語連続か、
二字熟語2個か、
ペア(トランプの数値が同じ2枚組)か、
二字熟語
のいずれかのこと。

二字熟語連続は「日本音」(日本・本音)のように、二字熟語が連続している形です。

「三文字熟語」とは「後半生」の様に3文字で一組の熟語になるような組み合わせのことです。

二字熟語2個とは、「本意用」のように三文字熟語でなく、二字熟語が連続でつながっているわけではないが二字熟語が2個作れる状態のことです。この例だと、「本意」、「用意」という風に2個熟語が作れます。

ロンとは…台札を取った時に自分のすべてのカードが組になっていて、捨てる札が1枚も無い状態。上がりになることを意味し、この状態を目指すのがゲームの目的。

ツモとは…手番プレイヤーが台札を取ること。取る場合は、台札を活用して組を作らねばならず、作った組は表向きにして手元に置いておくようする。

カンとは…台札を取るとフォーカードもしくは四字熟語ができること。

ポンとは…台札を取るとスリーカードができること。

チーとは…台札を取ると三文字熟語か二字熟語連続か二字熟語2個ができること。

ジョーカーの使用法
ジョーカーは2通りの使い方があります。
1.「々」という字にして使う。この場合、「人」というカードがあればジョーカーと一緒にして「人々」という熟語が作れます。

2.ペア、スリーカード、フォーカードの一部として使う。この場合はトランプの数字部分に着目して全く任意のカードとして使えます。

台札を付ける
手元に表向けられている組のうち、ペアがある場合は、それと同じ数値の台札がある場合はポンをしてスリーカードにすることができます。

同様に、手元に表向けられている組のうち、スリーカードがある場合は、それと同じ数値の台札がある場合はカンをしてフォーカードにすることができます。

手元に表向けられている二字熟語に対してそれと連なるようなカードが台札である場合は、それをチーをして組の得点を上げることができます。この場合、二字熟語が二字熟語連続か二字熟語2個になります。

得点の計算
誰かがロンをしたらラウンドは終了になり、そのプレイヤーの得点を計算します。
zu.jpg

表向きにして手元に置かれておらず、手札内で完成している場合は、得点は2倍になります。例えば、手札の中で完成している二字熟語連続は10点です。

ロンしたプレイヤーの得点を他プレイヤーが払います。例えば、4人プレイで、ロンしたプレイヤーの得点が15点なら他プレイヤーは15点ずつ払います。この場合、ロンしたプレイヤーは45点の収入があることになります。ロンをして完成した組は表向きにしてさらされているカードとして得点計算します。

次ラウンドの準備
ロンしたプレイヤーがディーラーになりすべてのカードをよく混ぜ、全プレイヤーに7枚ずつ配り山札から1枚カードをめくり、それを台札にします。

ゲームの終了
8ラウンドが終了したらゲームは終了です。また、いずれかのプレイヤーの得点がマイナスになったらそのラウンドで終了になります。

ゲームの勝利条件
得点の合計を求めて最も高いプレイヤーの勝利です。


質問:3枚組が完成し、その後2枚で二字熟語を作り、さらに2枚で二字熟語を作りました。1枚余ったカードを捨て札にして上がりになるのでしょうか。

回答:なりません。3枚あるのですから、最後に作るべきは2枚組ではなく3枚組にすべきなのです。最後の段階で3枚組になるのでしたら上がることができます。(他に台札をつけるという手もあります)。


03:49 熟語トランプで遊ぼう | コメント(0) | トラックバック(0)

3人ゲームの会

2012/07/15
昨日のこと。ゆっきーと光牙さんを迎えてボードゲームで遊びました。

おおよそお昼ごろ。ゆっきー到着。まずは2人で遊ぶ。


最初にやったのは「皇帝なき帝国2」。これは先日流さんと遊んだ時
http://gardengames.blog40.fc2.com/blog-entry-65.html

ちょっとよろしくない、との指摘があったんですね。そこで改めてルールを考えて今回テストとなりました。
44対81で完敗。


続いてクアルトというアブストラクトゲームを遊ぶ。
DSCF6781s-.jpg

このゲームは短時間でサックリと終わるので
(アブストラクトは苦手な私ですが)
結構好みのゲームです。
1勝2敗。


ランドルフのガイスターも遊びました。意外ですがゆっきーは今回が初のプレイのようでした。
4勝1敗。
まあ、このゲームは慣れがものを言います。


ここで光牙さん到着。


まず皇帝なき帝国2を遊ぶ。
第1戦:3位、第2戦:2位
皇帝なき帝国2は2~4人で遊べるのですが4人で遊ぶ機会も作りたいですね。
今回のプレイではなかなか好評・・・・だと思います。
新しく改良した皇帝なき帝国2を流さんにも試しに遊んでほしいですね。


ヴィラ・パレッティ、というバランスゲームの名作を遊ぶ。これはドイツゲーム大賞受賞作です。
第1戦:3位、第2戦:2位、第3戦:3位
2回も崩してしまいました・・・・。
すごく面白かったです!盛り上がった!
説明書をきちんと読みこめていなかったことがゲームの前に発覚して、キチンとしたルールで遊んだのですが、やはりちゃんとしたルールで遊ばないと駄目ですね・・・・。


ピーナッツというサイコロギャンブルゲームを遊ぶ。
DSCF6783s-.jpg
2回遊ぶも1度も勝てず。ぬぬぬ。


最後はシンボルで言いましょう、というゲームを遊ぶ。
DSCF6784s-.jpg


DSCF6785s-.jpgこのゲームを遊ぶのは久しぶりです。一応トップを取れましたが、勝敗にこだわるよりも雰囲気を楽しむゲームなのでしょう。

今回はいろいろ遊べましたが、私としては皇帝なき帝国2を何度も試せたのが大きな収穫です。皇帝なき帝国2はひろむちゃんにも試してもらいたいですね。

ゆっきー、光牙さん、ありがとうございました!おかげでとても楽しめました。またゲームで遊びましょう!
16:30 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)

古典(?)ゲームの会

2012/07/07
今日は流さんに遊びに来てもらい、ボードゲームを楽しみました。

まず遊んだのがメディチvsストロッツィ。
DSCF6774s-.jpgギリギリ負ける。

このゲームは開始当初はお互いが初期資金300を持っていたが、ゲームが終わってみればお互い所持資金が200以下に。損失が出ている。儲けていない。そういうものかな。
このゲームは競りゲームですが相場観が難しいです。モダンアート、メディチ、ラーよりも相場観が難しいです。何度か練習をすべきかな。


皇帝なき帝国Ⅱを遊ぶ。これはテストプレイですがどうにも・・・・。
意見をいろいろもらいとても参考になります。こういう感じで意見がもらえるのはとてもありがたいことで助かります!
流さんの意見に触発されて新しい改善ルールを思いついたのでヨシヨシと感じます。


カール大帝を久しぶりに遊びました。
DSCF6775s-.jpg
ゲーム序盤。

DSCF6776s-.jpg
大分領土がまとまってきました。

負ける。サイコロを使うのでサイコロ運もあり、思考の要素も強くとても要素のバランスが良く、こういう感じのボードゲームはいいなぁと思いました。名作陣取りゲーム。


頭脳絶好調を遊ぶ。これはいろいろ邦題がありますね。天才一直線とかインジーニアスとか。
DSCF6777s-.jpg
これは勝利。思い通りにプレイが進みとても楽しい。いいですね!これはクニツィアらしい良いゲームです。
すっきりしたルールで考えどころもあり運の要素もあり。とても楽しめます。


王への請願というサイコロゲームを遊ぶ。
DSCF6778s-.jpg

プレイ中は終始押されているというムードだったのですが最後の最後で逆転!勝利。
たくさんある職業カードの特殊能力がカギだけど漠然と遊ぶんじゃなくて職業能力を熟知して遊ぶとより楽しめそうに感じました。


シャハトのコントールという少々古目のゲームを遊びました。
DSCF6779s-.jpg

DSCF6780s-.jpg
敗北。これはかなり昔に買って思い入れがあります。思い出のゲームです(笑)。


今日はいろいろ面白いゲームがたくさんできました。
皇帝なき帝国Ⅱもとても参考になる意見をもらい助かります!
また遊びましょう!
20:15 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |