01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ボードゲームを遊ぶ会 じっくり編

2013/02/16
先日のこと。光牙さんに遊びに来てもらってボードゲームで遊びました。

まず遊んだのが、古代ローマの新しいゲームより「大競技場」。
DSCF6869s-.jpg

このゲームはレースゲームですね。直線部分ではスピードを上げ、コーナーを曲がるときはスピードを落とし、前に邪魔な車があるときはぶつからないようにスピードを落とし・・・・そういう現実におけるレースに見られる当たり前のできごとが、少ないルールで見事にボード上に再現されるのはさすがクニツィアです。

勝負は2回とも2対3で負けてしまいましたが、なかなか良い勝負でした。


続いて行ったのは比較的新しいゲーム、クニツィアの秦です。
DSCF6870s-.jpg
これはゲーム序盤、「鳳凰の面」。

DSCF6871s-.jpg
ゲームが終わったところ。ボード上にたくさんの仏塔が置かれました。この仏塔を置き切れれば勝利になります。

DSCF6872s-.jpg
このゲームはボードがリバーシブルになっていて二通りの面が楽しめますが、私は裏面の「龍の面」の方が好みですね。

表裏それぞれ勝負しましたが、これは連勝しました。


久しぶりのマスターラビリンス。
DSCF6873s-.jpg
ゲーム開始時の様子。迷宮内の宝物を集めます!

DSCF6874s-.jpg
ゲーム終了時の様子。迷宮内の宝物は全て取られました。このゲームはかなり考えるゲームなのですが、考えること自体が楽しいので、ちょっと長考ぎみになってしまいます。

1勝1敗。


最後は王と枢機卿。
DSCF6875s-.jpg
これも久しぶりのプレイでしたが、さすがに王と枢機卿初心者には負けません。次の勝負が本当の勝負?


萬印堂さんから入手した4色セットのカードスタンド。
DSCF6883s-.jpg
これはなかなか便利で良いですね。クニツィアの秦でも(カードではなく)手持ちのタイルを置くホルダーとして使えました。


一つのゲームを複数回遊ぶというスタイルはなかなか良いですね。じっくり遊んだ、という気分になります。ゲームの面白さ・真価が見えやすいように感じます。

今回もとても楽しんでしまいましたが、またゲームで楽しみましょう!
03:25 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)

ダミープレイヤーはなぜ必要か?

2013/02/09
ある方にすべってコロリンの説明書を読んでもらったところ、

「なんでダミープレイヤーなんて必要なの?」

との指摘をいただく。う~む。ゲームを作っている立場としてはこれは割と自明の理、と思ってたけど若干説明が必要だったかな。

ということで、なぜすべってコロリンにはダミープレイヤーが必要だったか、です。

特に2人プレイの場合、ダミーの導入は必然とも言えるのです。AさんとBさんが対戦しているとして、仮にAさんがゴール目前でBさんが大差で引き離されているとして、さあ、どうなるでしょう。

すべってコロリンはダイスゲームです。一発逆転の可能性もサイコロの出目次第ではありえます。おそらくBさんは一発逆転狙いにのみ集中するでしょう。

しかし!もし「第三のプレイヤー」がいたなら一発逆転のみが選択肢になるでしょうか?そうとは言えないでしょう。BさんはAさんと戦っている。しかし第三のプレイヤーとも戦っているのなら、ギャンブル的選択肢だけではなく少なくとも第三のプレイヤーには勝つような手段も選択肢になるのです。

堅実に行くか一発逆転か。そこで困ってほしい。そこで悩んでほしい。そのような気持ちがダミープレイヤー導入という発想に行きついたのです。

ダミープレイヤーは2人プレイを主に念頭に置いたルールですが、3人で遊ぼうと4人で遊ぼうと、わざわざダミーを除外する理由はありません。したがってダミー導入は基本のルールになったのです。
03:27 すべってコロリン | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |