05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

名作を振りかえる会

2014/06/28
5月上旬。唐突ではありますが、急遽、ゲーム会の話が舞い込み、急遽開催!今回来てもらったのは流さんです。

いろいろ都合があり、

(ボードゲームを遠方に発送していた、構想段階のゲームがゲーム用具準備が全然進んでいない)

テストプレイとか、新作をやる!という環境ではありませんでした。新作やテストはまぁともかく。うちにはたくさんのゲームがありますので、これらをやってみる良い機会のなのです。

まずは「陰謀」。

DSCF7165s-.jpg

陰謀は久しぶりです。特殊カード満載、というイメージ。そのイメージは誤りではありませんが、かなり遊びやすく手軽なゲームという感じで良い意味で裏切られた感じ。手札が3枚しかなく、それだけを把握していれば良く、また場札も伏せられている札も少なくなく、あまり情報満載でアップアップにはなりません。このゲームは結構敷居が低い!この点は強調すべきポイントかと思います。とても良質なゲームですが、これは今となっては入手できるのでしょうか??

陰謀は勝利。


次に遊んだのがドイツゲーム大賞受賞作マンハッタン。
DSCF7166s-.jpg
これは古典的ドイツゲームの領域に入るのでしょうか。かなりシンプルでそれでいて悩ましい、素晴らしいゲームで今でも色褪せない魅力を持っているゲームですね。こういうゲームがいいなぁと改めて感じました。2人プレイなら3都市だけをしようというルールが良いでしょう。

マンハッタンは敗北。これは流さんの意見ですが、俺のビル配分(4ラウンドあるのでビル駒群をそれぞれのラウンドに割り当てる)がマズイとのこと。ビル配分は均等ではなく少しは偏らせる方が良い!とのこと。いや~。そんなにダメ配分だったかなぁ??


通常の双六は、サイコロの目が「進める歩数」と対応しているのですが、このヌメリはサイコロの目が移動可能な駒と対応しているという変わり双六なのです。

DSCF7167s-.jpg

ヌメリは勝率、ということを考えるとかなり勝率の良いゲームというイメージ。エデュワンさんと遊んだ時もかなり勝っているというイメージなのです。このゲームは当然ながらサイコロ運重要ですが、運を如何にマネジメントするかが勝利と直結しているように思います。勝利。


ペッキングオーダー。
DSCF7168s-.jpg
このゲームは地味ですが良いゲームです。これは大敗北でしたね。タイブレイカーにとことん敗れました。裏を返せばタイブレイカーさえ押さえれば逆の目もありえたわけで、惜しかったとも考えられます。


サムライ。これはクニツィア先生の名作ですね。かなり面白いです。
DSCF7169s-.jpg

シンプルさも良いですね。ガーデンゲームズ作品の皇帝なき帝国はたまに、このゲームとの類似を言われます。しかし全然違いますよ。皇帝なき帝国は碁盤の目のような感じですが、サムライはヘキサゴンですからね。

流さんが、ルールは知っているという趣旨のことを述べていたのでロクロクルール説明せずにスタート、ところが流さんとしては承知していないルールが意外にもあったようで、それで負けるのは腑に落ちない。と、いうことで2回戦目突入。

サムライは2勝。ギヒヒ。


本日最後はラ・チッタ。これもかなり久しぶりですね。
DSCF7170s-.jpg

これはかなりルールの多いゲームですね。手続きが多いですね。ゲームの根幹の部分はフェイズ5の政治ラウンドだけなんですが、それ以外の、ゲームを遊ぶ分ではない、機械的処理の多いゲーム、と感じました。敗北。時間もかかるゲームですね。


今回は流さんに遊びに来てもらい、いろいろ名作を楽しみました。またゲームを楽しみましょう!今度はテストプレイなどもやってもらいたいですね。
04:32 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)

神戸で、大分で、ドラコの山分け遊べます

2014/06/27
兵庫県神戸市のプレイスペース、トリックプレイ
http://www.trickplay.net/

大分県大分市のプレイスペース、サイコロジスト
http://r.goope.jp/saikorogist/

この2つのお店にドラコの山分けを置いてもらえることになりました!もう既に置いてもらっていると思います。

関西圏の方はトリックプレイに遊びに行く際はぜひ、ドラコの山分けを遊んでみてほしいです(こちらのお店にはガーデンゲームズ作品皇帝なき帝国も置いてもらっています)。

九州にお住まいの方はサイコロジストに遊びに行く際はぜひ、ドラコの山分けを遊んでみてほしいです。

ドラコの山分けはルール簡単、プレイ時間短め、だけどしっかりジレンマのカードゲームです。遊べば分かるガーデンゲームズ作品の良さを体感してほしいです。

よろしくお願いします!
04:55 ドラコの山分け | コメント(0) | トラックバック(0)

ねことねずみのゲーム会

2014/06/26
ひろむちゃんと遊んでもらいました。2014年4月関西でのこと。


まず、同人ボードゲーム、ジジニャーゴ。
1398384814364.jpg

これはギャンブルゲームであり、レースゲームでもあり。密かに応援している猫もおり、正体隠匿要素もあり。

1398380876371.jpg
スタートラインに並んだ各猫駒。

あまり特定の猫に突っ込んでしまうのも考えもの、というのが教訓。突っ込んでしまった挙句、その猫が勝てないという、う~んそれじゃ負けるね!敗北。
1398380894644.jpg
レースの様子。


続いて酔いどれ猫のブルース(カッツェンジャマーブルース)。
1398384833810.jpg

これはかなりこちらが慣れているということもあり、圧倒的に勝利。ジョーカー猫罰符も食らわず、容赦のない勝ち方。しかしひろむちゃんも、これは練習して何度かプレイすればきっと上達するであろう。

今回は未プレイだが、ねことねずみの大レースも2人で勝負したいね。これはまたの機会に。ジジニャーゴもカッツェンジャマーブルースも、ねことねずみがテーマのゲームでした。

ガーデンゲームズ開発中ゲームのテストもしました。こちらはまあまあな印象のよう。イラストを付ければかなり雰囲気が変わると思う。


次回もゲームで楽しみましょう!
04:14 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)

4月中旬、館林3人会

2014/06/20
4月中旬のこと、館林某所にてボードゲームを遊ぶ会を楽しみました。あと一人来るのかなと思い、4人専用ゲームごいた(変則ルールを導入すれば3人でも遊べなくはないが、ごいた本来の楽しみからは逸れる)を持って行ったのだが、今回は3人なのでごいたは遊ばず。

参加メンバーは、俺、経さん、ゆーじさんの3名です。

まずストーンエイジを遊びました。
140416_1038~01
俺は弱い。3位。やはりしっかりカードを取らねばなりませんね。目先の利益につられてはいけない。これはワーカープレイスメントゲームですが、ガーデンゲームズとしてもワーカープレイスメントなゲームを作りたいぞ!と思いました。一体いつ作れるのやら・・・・。


次に春のゲームマーケット向け新作カードゲーム、ドラコの山分け。これは面白さは安定感あり。今回も楽しめました。好評でありがたいです。本気のプレイで2位。確か、今回のプレイではトップタイの得点だったと思いますが、同点時のルールを適用した結果2着になってしまいました・・・・。


次はクニツィア先生のメディチ。クニツィア三大競りゲームの一つ、とも言われています。
ちなみに、クニツィア三大競りゲームとは、モダンアート、ラー、メディチ、とよく言われます。
今回一番盛り上がったのがこれでは?と感じます。さすがクニツィア先生ですね。
140416_1247~01
これは優勝。やはり勝つと余計嬉しいですね。


カッツェンジャマーブルース(酔いどれ猫のブルース)。俺はこれはかなり好きな競りカードゲームです。カードでカードを競るゲームです。これもクニツィア先生のゲームですね。2位。


今回初プレイのスシゴー。
140416_1342~01
これは優勝!う~ん、勝因が分からない・・・・プリンのおかげかな?


久しぶりにマメじゃないよ!を遊びました。俺はこのゲームはかなり好きなんですけどプレイ人数の関係であんまり遊べません。もちろん、強引な「2人ルール」もあります。このゲームはもう絶版ですね。良いゲームだと思うのですが、入手はちょっと難しいでしょうか。ゲームってそうなんですよね。


袋の中の猫フィローを遊びました。このゲームは見た目がとても個性がありますね。カードも無駄に大きいです。
心理的駆け引きの要素が強いゲームではないかと思います。これも最低人数が3人ではないでしょうか。3位。う~む。


破滅の13を遊びました。これは2人でも楽しめます。2人用非公式ルールはボードゲームランドにて。これはなかなか良かったです。思い通りにいかないもどかしさ、苦悶がたまらないですね!3位。ぐは~。


クランスを遊びました。これは今となっては珍しいゲームですね。入手も難しいでしょう。
140416_1521~01
正体隠匿で自分のカラーの得点を上げるように操作するゲームなのですが、トップを取ったカラーは人間ではありませんでした・・・・。これはなんとか2位。


クーハンデルマスターを遊びました。これは結構盛り上がりました。駆け引きやり取り。シンプルですが、動物の競りや動物チャンピオンカードの競り、ネズミの競りと結構盛りだくさんで、楽しさをとても感じ取れるゲームです。ネズミが来たのが痛かった。2位。
140416_1626~01
クーハンデルマスター。ピンボケですまん。

最後はツー・バイ・ツーを遊びました。
140416_1655~01
これはやや運要素が高いかな?でも1位。


今回は惜しくも4人ではなかったのですが3人でも2人でも、ゲームは楽しいものです。お互い、持っているゲームがまだまだあるようですから、まだまだたっぷり楽しめますね!次の機会が楽しみです。またゲームで遊びましょう!経さん、ゆーじさん、ありがとうございました!
04:50 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)

トルトラレルの歴史と今日の作業

2014/06/15
トルトラレル(仮)はガーデンゲームズのカードゲーム、になるはずのゲームです。これは今のところ、「予定」です。

このゲームの元はハゲタカの餌食(アレックス・ランドルフ)の変則ルールを、特にこのゲーム用にアレンジしたものです。この着想自体はかなり古いのですが、改めて創作ゲームとしてキチンと作ろうと作業が始まったのはつい最近のことです。6月某日。この日はゲームマーケット2014春の直後なのですが、ひろむちゃんに、もとになるゲームを試しに遊んでもらったところ、う~ん、微妙、という評価で、あ~あ、な感じでした。

しかし!ひろむちゃんから、

「カードを2枚出せるようにしたら?」

と言われ、これがとても大きな助言になりました。この助言を取り入れ、2枚出せるようにルールもその場で手直し、そして試してみると、戦術・戦略要素もあり、相手の手の内を考える心理戦要素もあり、カードのめくり運あり。そういった様々な要素がバランス良く含まれている、それでいてなおかつ短時間で手軽でルールも簡単なゲームになったのです!

6月上旬の日。この日は館林でゲーム会があり、ひろむちゃん意見を取り入れて、テスト用用具として仕上がったトルトラレルのテスト、2人プレイ、3人プレイ、4人プレイが行われました。

トルトラレルは基本のルールが2人用で、そこから発展して3人用ルールが考えられ、さらに4人用ルールまで考えられました。元が2人用ルールだったので、プレイ人数の幅を4人まで拡大できたのは大きな収穫と思います。

しかし、そんな順調な話ばかりではありません。この館林の会では、トルトラレルの得点の荒っぽさ、雑さが指摘されました。この指摘は確かに、確かに、納得の指摘です。

今日、15日。ルールの書き直し(特に4人用ルールについて)、と館林会での指摘への対応のための新たなテストプレイ用具を用意しました。ルール直しと用具作りでほぼ1日かけて修正版が用意できました。これのテストプレイでどのようなことが言われるか・・・・。これはおそらく修正版ですから、そんなにひどいことは言われないと思いますが、やはりウケルかどうか。う~ん、この感覚。ゲーム作り独特の感覚なのです。
02:59 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)

ドラコの山分け

2014/06/01
ドラコの山分け ゲームデザイン:樫尾忠英

2~4人用 8歳以上向け 所要時間:15分 印刷:萬印堂
イベント価格:1500円 ショップ価格:1700円

【重要、ルールの補足】
http://gardengames.blog40.fc2.com/blog-entry-375.html

【6つの山の作り方】
【財宝カードは、まずは宝箱に収めましょう】


スペイン人から「悪魔の権化ドラコ」と恐れられた海賊フランシス・ドレイク。しかし彼は、子分から見れば好ましい船長だった。なぜなら彼はとても気前が良いから!ドラコの山分けに参加して決闘に勝ち残り、多くの分け前にあずかろう!

DSCF7126s-.jpg

このゲームはガーデンゲームズ初となるカードゲームです。ガーデンゲームズでは今までずっとボードゲームを作ってきました。意外かもしれませんがカードゲームはこれが初なのです。

ドラコの山分けは、競りカードゲームです。大体の競りゲームは、競りで勝つと、競りの獲物を総取りする・・・・ということがほとんどです。日常でもよく行われる競り、ヤフオクなんかもそうです。しかしこのゲームの競り、「山分け式オークション」は競りに参加さえすれば(多分)少しは財宝にありつけるのです。


【ルールの概要】
このゲームでは3つのステップを行うことでゲームが進行します。3つのステップを順番通りに行って1つのラウンドが終わりになります。複数のラウンドが行われるでしょう。

ドクロの「呪われしカード」というのがあるのですが、この呪われしカードの6枚目がめくられると最終ラウンドになります。

3つのステップは、

船長ステップ
決闘ステップ
山分けステップ

があります。

プレイヤーのうち一人だけが船長カードを持ちます。
DSCF7131s-.jpg
こうすることで、誰が船長かを明示するのです。


【船長ステップの詳細】
船長ステップでは、船長は山札から任意の枚数の財宝カードをめくります。

DSCF7135s-.jpg

ただし!呪われしカードをめくってしまうとめくるのが終了になってしまう上、船長は呪いを背負わねばならないでしょう!

呪われしカード。
DSCF7130s-.jpg
呪われしカードは、持っているとマイナス2点です。このマイナス点は結構大きいので、これはとにかく避けるべきです!さらに、呪いはこれだけではなく、決闘における船長特権にも悪影響を及ぼします。

船長がめくるのやめる、と宣言するか、
呪われしカードがめくられてしまうと 船長ステップは終了になります。

大体の場合は、船長ステップの次に「決闘ステップ」に移行になるのですが、呪われしカードをめくってしまった場合は「呪われし決闘ステップ」へ移行することになります。


【決闘ステップの詳細】
プレイヤーが持つ刀剣カードは手札・・・・というか手元に晒して置いておきます。決闘ステップではこの晒されている刀剣カードをプレイするのです。

このゲームにおける刀剣カードのプレイとは、表向きの刀剣カード1枚を前方に少しずらすこと、を言います。少しずらすことで使用するカードを明示するのです。

DSCF7137s-.jpg
「2」の刀剣カードをプレイしました!

決闘ステップで刀剣カードをプレイすることで、船長ステップでめくられている財宝カードを(おそらく)獲得できるでしょう。より強い(剣の本数の多い)刀剣カードをプレイすれば、財宝カード獲得の優先順位を上げることができるでしょう!

プレイは、船長から始めて、一度ずつ刀剣カードのプレイ(もしくはパス)をし、最後に再び船長にプレイの機会が回ってくるので船長は1ラウンドで最大2枚の刀剣カードをプレイできます。これを「船長特権」といいます。船長ではないプレイヤーは1枚ずつしか刀剣カードをプレイできませんからね。

また、刀剣カードをプレイするときは既にプレイされている刀剣カードと同じ本数の刀剣カードはプレイできないので気を付けましょう!

船長の2度目の刀剣カードプレイもしくはパスが終わると、山分けステップへ移行します。

【呪われし決闘ステップ】について
船長ステップのときに、船長が呪われしカードをめくってしまった場合!決闘ステップではなく 呪われし決闘ステップ に移行することになります。この、呪われし決闘ステップですが、通常の決闘ステップと比べて、異なる点が2点あります。

2回刀剣カードをプレイできる船長特権が失われ、船長も最初の1度しか刀剣カードをプレイできなくなる

船長が呪われしカードを引き受ける。すなわちマイナス2点になる

この2点以外は通常の決闘ステップと変わりありません。全員が一度ずつ刀剣カードプレイもしくはパスをすると、山分けステップへ移行します。


【山分けステップの詳細】
山分けステップで、場札の財宝カードを山分けします。決闘ステップでより強い刀剣カード(船長の場合は2枚の合計値で判断)をプレイした順番に1枚ずつ場札の財宝カードを取っていきます。

もし、財宝カードの枚数が少なく、刀剣カードをプレイしたプレイヤーに行き渡らない場合は弱い刀剣カードをプレイした人は残念でした、となります。逆に、刀剣カードをプレイした人数よりも場札の枚数が多い場合は、とりあえず1枚ずつ取ります。1枚ずつ取った後、再び刀剣カードの強い順に1枚ずつ取っていくようにしてください。

DSCF7138s-.jpg
場札がこんな感じだったとします。4人ともが刀剣カードをプレイした場合、一番強い刀剣カードをプレイした人が2枚の財宝カードを得られるでしょう。もし、3人が刀剣カードをプレイしていたなら、1番目、2番目に強い刀剣カードをプレイしていた人が2枚ずつ、3番目は1枚の財宝カードを獲得するでしょう。

今回、決闘で使用した刀剣カードは裏向きにされます。しばらく裏向きの状態で、当面は使えなくなります。誰か一人を除いて全員の刀剣カードが裏向きになったら、残ったプレイヤーには特典として山札から2枚の財宝カードが与えられます(受け取りを拒否もできます)。そして全員の刀剣カードが表向きに復活するのです。

山分けステップが終わったら船長は左隣のプレイヤーに船長カードを渡します。そして新ラウンドが開始になるのです!



ゲームが終わった段階で、獲得された財宝カード(と呪われしカード)の得点を集計します。
これは重要ですが、獲得した財宝カードのうち2色だけがプラスの得点で、それ以外の色はマイナスの得点になってしまうのです!

DSCF7129s-.jpg
例えば、こんな感じで財宝カードを獲得した場合・・・・。紫(10)と緑(5)の得点が高いです。これをプラスということにします(15点)。黄色(3)と青(1)はマイナスにします(マイナス4)。したがって財宝カードの得点は11点、となります。ここからさらに、取ってしまった呪われしカードの得点を引くようにしてください。



DSCF7134s-.jpg

DSCF7212s-.jpg

財宝カードのめくり運、めくるのを止めるべきか、めくり時かの判断、刀剣カードプレイの駆け引き、財宝カード獲得の駆け引き。コンパクトな用具、短時間のプレイ時間に込められた濃密なプレイ感をぜひ楽しんでください!



ドラコの山分けの説明書を公開中です!(pdfファイルです)
https://drive.google.com/file/d/0B1Gxwv1DrePmdVhGS193ZENid1k/view?usp=sharing

重要、ルールの補足


ゲーム用具について簡単な紹介


ルールのQ&A 説明書の分かりにくい部分 など



ドラコの山分けを紹介してもらいました。

浅く潜れ!
http://asakumogure.blog23.fc2.com/blog-entry-591.html

君はボードゲームを知らずに死ねるのか?
http://vodka99.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

ゲームマーケットブース短評:Dブース
https://note.mu/man_gan/n/n2eae9a2370bb

卓上遊戯の冒険
http://kanochinite.blogspot.jp/2014/07/140629.html

はんなりボードゲーム
http://yuruhuwa875.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

ボードゲームランド
http://boardgameland.blog31.fc2.com/blog-entry-950.html

BOARD GAME GEEK
https://boardgamegeek.com/boardgame/172772/dorako-no-yamawake

Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)
http://prettycool1213.blog59.fc2.com/blog-entry-1689.html
05:58 ドラコの山分け | コメント(0) | トラックバック(0)

ゲームマーケット2014春に出展します!

2014/06/01
いつもお世話になっております。ガーデンゲームズの樫尾です。

ボードゲーム・カードゲームに関する国内最大規模のイベント、ゲームマーケット

開催日:2014年6月1日(日)

会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西4ホール

開催時間:10時~17時(予定)

入場料:当日販売1000円(税込)/事前・当日販売(カタログ付き)1500円(税込)
※小学生は保護者同伴、中学生および高校生は学生証の提示で入場無料


ガーデンゲームズは、前回ゲームマーケット2013秋では創作ボードゲーム「アムステルダムの運河」を販売し完売となりました!今回ゲームマーケット2014春でも独自ブースでの出展となります。

今回もイベントスペース付きなので、実際に遊んでもらってからゲームを買うことができるはずです。

ブース番号は「D23」です!



今回のゲームマーケットで販売するのは「ドラコの山分け」です!

DSCF7126s-.jpg

ドラコの山分けは、ガーデンゲームズ初の本格的カードゲームです!

(ガーデンゲームズではボードゲームを発表することはあったのですがカードゲームは初です)

当ブログにて、ドラコの山分けに関する情報・記事を発表していきますのでぜひチェックしてほしいです。

ドラコの山分け、特集ページ

あと数は少ないですけど、ガーデンゲームズ代表作の「皇帝なき帝国」も扱います!
http://gardengames.blog40.fc2.com/blog-category-1.html

ガーデンゲームズでは、毎回予約を承り、スムーズに購入できるようにしております。今回も予約を受け付けいたします。

予約では、ドラコの山分け皇帝なき帝国の2種類のゲームの予約を受け付けます。

予約の詳細はこちら!



ゲームマーケットでのガーデンゲームズ情報は、当ブログ、はんなりボードゲーム樫尾忠英ツイッターなどで情報発信していく予定ですので、そちらのチェックもぜひしてみてください。

今回もガーデンゲームズをよろしくお願いいたします。
04:15 ゲームマーケット | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |