07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

小学1年生

2014/08/29
夏休み。小学1年生の姪と遊ぶ。

遊んだゲームは、ぴっぐテン、メイクンブレイク、猫とネズミの大レース、同じはどーれ?、スティッキー。

スティッキーと同じはどーれは簡単すぎるか。

猫とネズミの大レースは姪よりもママの方がむしろ気に入っていた様子。

姪が特に気に入ったのはぴっぐテンとメイクンブレイク。

子供の遊び方は特徴的で、同じゲームを連続して何度も何度も、くどくどと遊ぶのが子供流。

いや~、飽きる。良いゲームでも飽きる連続プレイ。

今度は同じゲームを大人と本気勝負で遊んでみたいものだ。
04:44 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)

東京、大森にて

2014/08/22
8月上旬のこと。打ち合わせがあり東京に赴きました。大森駅のそばのゲーム会で少し遊んだんですね。そこで待ち合わせでした。

ここのゲーム会は俺は初だったんですが、場所代(?)を払い名札を付ける。

ゲームを行う会だったので、すんなりゲームに参加、ここでの初ゲームはトリックプレイと言うトリックテイキングゲームでした。
DSCF7250s-.jpg

そう言えば、ガーデンゲームズでトリックテイキングゲームってありませんね。なんとか考えてみたいですね。

DSCF7251s-.jpg
これはブループリントというサイコロゲーム。このゲームに関しては見学です。

このあとガーデンゲームズ作品のアムステルダムの運河を遊んでもらいました。なかなか好評だったと思います。

続いて「トルトラレル」のテストを実施。

今回のテストでは、猫カードに書かれている得点が強力すぎて、それでゲームの帰趨が
(ゲーム中に訪れる数少ないチャンスのみで)
決してしまう、という指摘があり、つまり、猫カードの得点が強すぎ。

猫カードの得点をマイルドにしつつ、魚カードを、もっと獲物として魅力を高めるような・・・・そんな改良を加えようと思いました。

さて、ここで会場を後にして喫茶店に移動。ガーデンゲームズのゲーム作り、その方向性について話し合いました。今回の打ち合わせで、ゲーム作りに関する重要な事項が決定しましたが、それをバラしてしまうのは時期尚早なので、申し訳ないですが、まだ秘密です。しかし、大きな前進があったのは間違いないです。

前も書いたかもしれませんが、今年秋のゲームマーケットはとりあえずお休みです。俺の個人的事情のためです。いま、ガーデンゲームズでは来年2015年のゲームマーケットに向けて準備中です。

素晴らしい作品を提供できるように、頑張ります!
04:56 最近の活動 | コメント(0) | トラックバック(0)

シャハトと俺 自宅ゲーム会

2014/08/15
暑い暑い7月下旬。でも室内は冷房でヒエヒエで快適なのです。室内ヒエヒエ、快適環境でボードゲームで遊ぼう!ということで、今回はゆっきーに遊びに来てもらい、ガーデンゲームズのテストプレイとボードゲーム・カードゲームを楽しむ会を行いました。

まず遊んだのが、最近テストプレイ中のトルトラレル(仮)。もう、この(仮)を外しても良いかな~??トルトラレルは時間も計り、やはり短時間ゲームであることが確認されたのですが、短時間なので複数回テストが実施されました。テストの結果は一日の長があり、俺がいずれも勝ってしまったのですが、結構きわどい勝利に感じます。

40対30

ぐらいの得点だったのですが、5点を奪われるともう互角、という情勢なのでやはりきわどい勝負だと思います。

一勝負の時間は13分程度。捨て札などの表裏が今回のプレイで決められたので得るところは大きかったです。今回は勝たせてもらいましたが、ゆっきーはこのゲームに関しては喜怒哀楽が大きく、感情が揺さぶられるゲームだったのでは、と思います。

続いて、「正直者の罠」というこれもガーデンゲームズの創作カードゲームです。これは以前、ガーデンゲームズで作った「ワンマン」というカードゲームがあり、それと用具がほとんど一緒というゲームで、用具を用意するのがとてもラクチンでしたね。これは

4対9

で敗北。初テストだったのですが、なかなか楽しんでもらえたように思います。ゆっきーは本来はこういうタイプ(嘘をつくような、あるいは演技で・ハッタリで相手を化かすような)のカードゲームが苦手らしいですが、これは例外的に楽しめたそうで、良かったです。今回のテストでは、あまりにサッとゲームが終わってしまうので、カード枚数を増やすことでボリュームを増してはどうかと思いました。

かぶけんさんの、かに将棋を遊びました。これを4回もやってしまいましたが1勝3敗でした。やはりうっかり者は勝つのが難しいですね。

シャハトのハンザを遊びました。
DSCF7239s-.jpg
今回は2回ほど立て続けに遊び1勝1敗。なんとなくこのゲームのことが分かってきました。確かに面白いです。なかなか楽しめる作品だと思いますが、俺の好みにドンピシャかというと、やや逸れるような、そんな気もします。

DSCF7240s-.jpg
久しぶりに王と枢機卿デュエルを遊びました。普段、このゲームを2人で遊ぶ時はボードゲームランドに書いてある変則ルールで遊んでいたのですが、今回、シャハト先生の正式2人用ルールであるデュエルを遊んでみて・・・・

すごくいい!とても面白い!!

と感じました。以前は、このデュエルですが、若干煩雑では、と感じていたのですが、今回はそういった煩雑さは感じられるず、追加のルールは追加の要素として楽しめました。これはかなり良く、2人ゲームとしてかなり楽しめ、非常に良かったです。

58対81

で惨敗。でも楽しい!

最後にアブルクセンを遊びました。これも何度か遊んでいます。ハンザと言い、アブルクセンと言い、最初のプレイでは面白さがもやもやとしか分かりませんでしたが、こうやってプレイを重ねてじわじわと良さが伝わってくるゲームもあるんですね。これは3回遊んだのですが、3回とも勝ててしまいました。経験の差ですね。

今回はテストプレイも充実、ゲーム会も面白いゲームばかりでとても楽しめたゲーム会でした。ゆっきーには来てもらいとても感謝です。ありがとう!また遊びましょう!
04:04 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)

池袋に行く(7月)

2014/08/08
7月のこと。まだまだ梅雨のさなかなのですが、テストプレイのこともあり、池袋で行われたゲームを楽しむ会に参加してきました。この会は、おそらく一般的なボードゲームを遊ぶ会ですが、会主催者のお許しを得てガーデンゲームズのテストプレイも若干行いました。ゲームを一人で作っていて、なかなかよく分からない問題点の指摘などがあるので、やはり創作ゲームにはテストプレイが欠かせません。今回の会でも実際にテスト用用具を持ちこみ遊んでもらっていろいろ意見をもらい、とてもためになりました。テストプレイに協力してくださった皆様に感謝です。



会の開始時間よりも若干早く着いてしまいましたが、会場のドアを開けるとすでに主催者がおりました。挨拶もそこそこに持ち込んだテスト用ゲーム「トルトラレル(仮)」をインストしてみてプレイ。

徐々に会場に人が集まりだし、トルトラレルは2人プレイも行い、3人プレイも行われました。

もらった意見としては、

「プレイヤーごとに、担当する色を決めてカードを色別にするとカードを分けやすくなるのでは?」
「カードを伏せて置くのではなく公開情報にした方が面白いのでは?」
「2人も楽しめるし3人も結構楽しめる」

そんな感じの意見をもらいました。自分一人で作っているとなかなか見えてこない部分があります。カードを色を付けて分かりやすく、分けやすくするアイディアは、具体的な改良点・改良法を思いつきました。ここでもらった意見を元に改良トルトラレルを作りました。今度はゆっきーにトルトラレルを遊んでもらうつもりなので、そこでどのような評価をもらうか・・・・。

俺としてはこのゲームは結構手応えを感じているのでゆっきーにも気に入ってもらえると思うんですけどね。けど、課題としては捨て札や獲得したカードを表向きで置くか裏向きで置くか、どちらがゲームとして面白いか、ここらへんが主な検討課題だと考えています。

ガーデンゲームズの新作ドラコの山分けも遊びました。これは4人で遊んだんだと思います。

http://gardengames.blog40.fc2.com/blog-category-24.html

これは結構盛り上がりました!ドクロのカードが出るとドッと盛り上がります。



140720_1353~01
コンセプトというボードゲームを遊びました。

このゲームはお題を当てる、推理系・ワード系の系譜のゲームです。特徴的なのはズラリと用意されたアイコン群です。お題はカードで定まりますが、定まったお題にヒントとしてアイコンに駒を置いていくのです。

で、それを推理し、順番とかは特になく、思いついたそばからガンガン答えていく・・・・というゲームです。このゲームは大人数向けですね。結構当てさせてもらいましたし、分かりやすいヒントも出せてこれはトップタイで勝てました。



140720_1432~01
久しぶりにピラニアペドロを遊びました。

ペドロおじさんがあっちへふらふら、こっちへふらふら、おーい、海に落ちるよ!

海に落ちないように岩場を足場にせねばなりません。海に落ちるだけでなくピラニアに食われても死んでしまいます。そうならないように、あっちへ誘導、こっちへ誘導するのですが、プレイヤーの考えることは、自分では殺さず、他プレイヤーにペドロを殺させる、殺人ゲームなのです。これは大人数の方が盛り上がるゲームで、今回は5人か6人程度で遊べましたが丁度良い人数でしたね。

このゲームは敗者を決めるゲームで不運なプレイヤーはあっという間に決まるので、ゲームは短時間で終わりになります。何度かこのゲームをプレイしました。



140720_1511~01
さくらんぼ狩りで遊びました。

サクランボなどフルーツを獲得することを目指すカードゲームです。なかなか思い通りにいかないゲームです。



140720_1545~01
ハムスターロールを遊びました。


140720_1551~01

ごろごろ転がっていく「ハムスターの輪」。ハムスターの輪っかの内側前方に積み木を載っけていきます。すると重さで前進する・・・・すると輪っか内側後方に載せられていた積み木が崩れ落ちるかもしれません。それは手元に行きます。輪っかに積み木を載せて手元の積み木を減らすゲームです。

なかなか終わらなかったり、収束性が良かったり。



140720_1611~01
ヤイカーズという磁石ゲームで遊びました。

これはかなり簡単なルールのゲームです。磁石をシート上に載せていき、くっつかなければ良い。磁力がかなり強いのでこの磁力が肝です。この強すぎる磁力のせいで、ケータイやスマホを近付けると壊れてしまうらしいです。取り扱い注意の強力磁石なのです。



140720_1632~01
セットを遊びました。

これはなんとも不思議なプレイ感です。「セット」を取る、早い者勝ちのゲームです。



140720_1656~01
虫食いりんごを遊びました。

セットもそうですが、この虫食いりんごも素早さ大事なゲームです。決算カードがめくれたら一斉に解答権を表す駒を取り合います。爪を切って遊ぶといいですね。



140720_1753~01
最後にイスタンブールを遊びました。

イスタンブールは16枚あるボードの上を、あっち行ったりこっち行ったりして宝石を集めるゲームです。このゲームは賞を取ったゲームだそうで、若干難しめのゲームです。
04:17 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |