10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

トルトラレルの物語 8

2016/11/23
F3s-.jpg
夜空に遊ぶ羽虫たちは光るものには目がない。特にごろつきの頭ビズル・リズルの強欲さは誰もが知るところだ。
手下にお宝を集めさせては屋根裏や木のうろに貯めこむが、隠した場所はすぐに忘れてしまうので彼らの苦労がむくわれることは決してない。
ときどき人間がそうした『妖精の贈り物』を見つけることがあるが、磨かれた小石や古びた金属細工ばかりで価値のあるものは殆どないということだ。
04:12 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)

トルトラレルの物語 7

2016/11/19
E3s-.jpg
生き物はやがて死ぬ。その骸は土に帰り、魂が抱えた最後の記憶は土の下の妖精たちに看取られる。
アマタル・クルナンは生命の記憶の編纂者であり司書である。大地に網の目のように広がった彼女の従者らが見聞きしたことは、あたかも彼女が見聞きしたように共有される。
それらの記憶一つ一つを集められた星苺に刻みつけ、地下深くの記憶の書庫に収めて大切に守り続けるのだという。
04:10 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)

トルトラレルの物語 6

2016/11/16
D3s-.jpg
沼に霧が立ち込める季節になると、名匠ボネイズ秘伝の酒造りがはじまる。
星苺を使った虹色の酒は飲んだものを夢の世界へと誘う。冬を前に深い眠りについた彼の仲間たちは春が来るまで暖かい夢の中で過ごすのだ。
求める者には誰かれなしに快くその酒を振る舞ってくれるものの、彼らへの礼義をわきまえなかった不埒者は三日三晩覚めることのない悪夢にうなされることになるという。
04:09 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)

トルトラレルの物語 5

2016/11/12
C3s-.jpg
一般に水に棲む妖精はそうであると言われるように、レディセナリスも冷淡であると思われがちだ。
輝く水面を天に頂く水の住人にとって、その上の埃っぽい何者かと気持ちを通わせることなどは滅多にないのだからそうも取られることだろう。
そんな彼女たちも星の輝く夜空の美しさには惹かれてやまない。その気持ちを満たすため星の光を放つ小さな果実を湖底一面に散りばめるのだ。

04:08 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)

トルトラレルの物語 4

2016/11/09
B3s-.jpg
夜の間に台所が片付いていたり物置から騒ぎ声が聞こえてくるのなら、その家には妖精が住みついているに違いない。
シュガム男爵とその一族は散らかった部屋を瞬く間に片付けてしまう、それが貴族の務めとわきまえているからだ。また貴族の嗜みを心がけている彼は、一族の働きを労うために毎夜の宴を欠かさない。
気遣いの手順に問題があるため、往々にして朝には再び散らかった部屋が残ることになるのが残念なことではあるが、そのような場合にはお詫びのしるしとして星苺を置いておくのもまた貴族の嗜みである。
04:06 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)

「貪欲」

2016/11/05






貪欲

「貪欲」はガーデンゲームズオリジナルトランプゲーム第3弾です。これはガーデンゲームズブースのゲームマーケット2016秋のオマケです!

最初は「キングとクイーンの不思議な道」、次が「隣接のダイヤ」。そして貪欲です。だんだんタイトルが短くなってますね。今回は2~4人用です。キングとクイーンの~と隣接のダイヤが2人専用でしたが今回初めて3人以上対応になりました!

このゲームは獲得したカードの数値が得点になるのですが、得点を増やすことを目的にしたゲームです。

使うカードを用意し(トランプの全カードを使うわけではないです)よく混ぜ山札にします。

プレイヤーは、

・山札からカードをめくり場札に加える
・場札をごそっといただく(回数制限あり)
・手元のジョーカーと場札1枚を交換する

こういったことをやるのです。絵札はなかなか使える札で、数札の得点を増やす役割があります。

基本は「めくるか?」「取るか?」ととてもシンプル。でも取るタイミングを計る必要があり、一体いつが適切な取るタイミングなのか??シンプル、だけど悩ましい、ガーデンゲームズらしいゲームです。

貪欲 は2016秋ゲムマのガーデンゲームズのオマケです!ぜひこのゲームを遊んでみてほしいです。

04:42 ガーデンゲームズ創作トランプ | コメント(0) | トラックバック(0)

トルトラレルの物語 3

2016/11/05
A3s-.jpg
長老オルムは森そのものであり、ひいてはこの地の意志そのものであると言えるだろう。
彼の気持ちが高揚すれば季節は春から夏を迎え、心が落ち着けば秋から冬へと移り変わる。
そんな彼にとっても星苺の実る夜は年に一度の心踊る特別な夜だ。むしろ彼のその気持ちこそがこの夜を特別なものたらしめているのかも知れない。
彼が守る森の奥には秘密の果樹園があり、様々な果物の樹が植えられているだけでなく星苺も実りやすいということだ。
04:04 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)

トルトラレルの物語 2

2016/11/03
5as-.jpg


星苺:夜空に満ちた星の光の魔力が木の実を芯に結晶化したもので、年に一度夏至の夜にだけ一斉に結実する。
暗闇でも仄かに光を放ち、口にすると砂糖菓子のような甘みと歯触りだが飲み込む前に光となって溶けて消えてしまう。
妖精にとっては身に着けるだけでも強い魔力を得られるという。
04:02 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)

トルトラレルの物語 1

2016/11/01
boxtoltrarell.jpg

トルトラレル Tol Trarell

2~4人用 15分程度 8歳 以上向け 樫尾忠英 作 村田茂人 絵

今日は妖精たちが待ちに待った夏至の夜
森に降り注ぐ星の光は魔力満ち溢れる星苺となって木陰に実を結びます
それは彼らが求めてやまない力の源
この特別な夜が明けてしまう前に出来るだけたくさんの星苺を集めましょう
ときには隣の丘のいじきたない連中と鉢合わせることも
けれど心配ご無用、賢明で勇敢なあなたの仲間たちが負けるはずはないのですから
きっと戦利品も一緒に持ち帰ってくることでしょう

プレイヤーは妖精たちの長となって星苺を集めます。
星苺は庭や果樹園で見つかるだけでなく、ライバルから奪い取ることもできます。
ゲーム終了時に誰よりもたくさんの星苺を集めていたプレイヤーが、妖精たちの王となることでしょう。
04:00 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |