12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

謹賀新年2019

2019/01/01
illustrain04-inosisi02.png
(イラスト:イラストレイン様 https://illustrain.com/

あけましておめでとうございます。ガーデンゲームズのボードゲームデザイナー樫尾です。
昨年は「高慢パティシエ」が出版されました。

http://www.groupsne.co.jp/products/bg/index.html#schedule

ゲームマーケットは……昨年は忙しかったため残念ですが出展できませんでした。

振り返れば、2012年以降、毎年ゲームマーケットには出展しておりましたが、2018年はついに完全ゲムマ休みになってしまいました。これは、(オーストラリア旅行など)個人的事情が大きいです。あと、作品をゲームマーケット向けではなくゲームコンテスト向けに作った(アニマルマインド、高慢パティシエなど)ことも大きいですね。

ゲームコンテストでは良い成績を出すことが出来て良かったですが、今年は春のゲームマーケットに向けて既に作品を準備中です。多分、新作を引っさげて春のゲームマーケットにて皆様とお会いできると思います。楽しみですね!

ガーデンゲームズを今年もよろしくお願いいたします。

ガーデンゲームズ 樫尾忠英
05:23 運営 | コメント(0) | トラックバック(0)

レーベンヘルツ(新版)

2019/01/01
DSCF5719s-.jpg
旧版も良いけど新版も良い!

【どんなゲームなの?】
陣取りボードゲームです。

ゲームの進行は簡単で、

・カードを使う(要お金)
・カードを売る(現金収入)

こんな感じです。手札は補充があるので3枚です。

カードにはいろいろ種類があり

・国境線配置
・騎士配置
・侵略
・寝返り工作
・不可侵条約

自分の領土内に森林、村、城を取り込むことで得点になります。

自領土内に自分の城1つになれば「領土」になります。そうでない場所は係争地で得点になりません。城は初期配置で位置が定まり、互いに間隔が空いているので城と城があまり近くないと思います。少なくとも味方の城はすぐそばに置けない縛りがあります。

DSCF5716s-.jpg

【面白さのポイント】
旧版と比べるとアクションのための手続きが簡素になったという印象です。その分、陣取りパートに熱が入りやすいので、これはこれで楽しめます。

陣取りパートは旧版同様、ボードのどこに力を入れるか、国境線の引き方、騎士の投入、そういう部分がとても楽しめます。

プレイヤー間の相互作用が強く、叩き合いが激しいゲームです。
04:21 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |