09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

トルトラレルの物語 4

2016/11/09
B3s-.jpg
夜の間に台所が片付いていたり物置から騒ぎ声が聞こえてくるのなら、その家には妖精が住みついているに違いない。
シュガム男爵とその一族は散らかった部屋を瞬く間に片付けてしまう、それが貴族の務めとわきまえているからだ。また貴族の嗜みを心がけている彼は、一族の働きを労うために毎夜の宴を欠かさない。
気遣いの手順に問題があるため、往々にして朝には再び散らかった部屋が残ることになるのが残念なことではあるが、そのような場合にはお詫びのしるしとして星苺を置いておくのもまた貴族の嗜みである。
04:06 トルトラレル | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示