11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ゆっきー、久しぶりボードゲームの会

2018/02/24
2月11日。建国記念の日。この日はゆっきーに遊びに来てもらい、久しぶりにがっつりボードゲームで遊んでもらいました。テストプレイも少しやりました。

まず遊んだのがいま作成中の「2人専用ボードゲーム」(テストプレイ)。これは前にひろむちゃんとテストし、どうしようもないカードを削り、30点サドンデス勝ちを20点サドンデス勝ちに改めるなど改良が加えられたバージョンです。

ゲームは終盤までもつれ込み敗北。

敗北なんですが惜しかった。あと一息でゲーム終了得点計算までもつれ込ませれば勝てた、けど途中で心が折れたのが敗因。でもぎりぎりまで粘れたし敗北具合も惜しいし、なかなかバランス的には問題がなく、結構楽しめたと思います。

頭脳戦の要素もあり、かと言って極端なアブストラクト的な感じでもなく(めくり運引き運がある)、運と戦術の要素がともに取り込まれていていい具合。もう少しテストを実施したいです。

高慢パティシエを遊んでもらいました。
IMG_20180211_131548s-.jpg
58対62で惜敗。

このゲームは競りのゲームですが2人でも楽しく競りが出来ました。これはしっかり製品版なので当然ながらしっかり楽しめる出来栄えです。面白いのでみんな買ってね!

アメン・ラー:カードゲーム。
IMG_20180211_145255s-.jpg

IMG_20180211_150407s-.jpg
箱をひっくり返してボードのように使うという驚くべきアイデア。

ゲーム内容は非常に素晴らしいですね。さすがクニツィア印のゲームと感嘆。アメンラーはボードゲーム版がありますがそれは最低人数が3人なのに対してこちらは最低人数2人なので取り出しやすいですね、圧倒的に。アメンラーボードゲームは結構名の知れたゲームに思いますが遊んだ経験がないので比較できません。

少なくともアメンラーカドゲについていうと名作だと思います。こういった名作はガーデンゲームズブログの「これを遊ばず死ねるか」のコーナーにて紹介するのが常なので、これもそこで取り上げるつもりです。

私はもちろんボードゲームが好きなんですが、ボードゲームの素晴らしさに感動するレベル、それが今回遊べたアメンラーカドゲでした。

17対13で圧勝。

つづいてエルドラド。これもクニツィア印ですね。これも非常に良くてゲームの面白さに感動的。

IMG_20180211_154819s-.jpg

1対2であと一息で負ける。

でも、この作品も後日、これを遊ばず死ねるかにて紹介したいですね。

倒さないドミノ。ドミノは本来はこのように倒さず遊ぶの正しいのですが……。

IMG_20180211_171413s-.jpg

18対31で負ける

運要素強い!けど嫌いではないです。運否天賦な感じがギャンブル的感覚で楽しいです。運が悪いととことん牌をめくらねばならずガンガンに牌めくり、鬼牌めくりでドカーンな感じがなんともあっけらかんとしてて楽しめます。手軽ですね。

31点上がりがショートゲームのようですが、これぐらいが丁度良いように感じられます。

最後にドイツ舞台の陣取りボードゲーム、のテストプレイ。
運要素もあるんですが、42対84でダブルスコアで大敗。
いろいろ修正の指摘がありました。

ついたて裏の表記について、取った得点チップの扱いの明示、ゲーム終了時の借金の扱い、
これでだいぶ完成度が高まったように思えます。

テストもしっかりやれたし、クニツィア先生の名作に触れることができたのがとても楽しく充実したゲーム会でした。
ゆっきー、ありがとうございます!
04:19 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示