10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

お邪魔者

2019/04/01
DSCN1065s-.jpg
【どんなゲームなの?】
「お邪魔者」vs「真面目金鉱掘り」?

このゲームはある意味ではチーム戦のゲームです。そのためある程度人数がいた方が圧倒的に面白く、最低でも5人以上で遊びたいゲームに思えます。

(お邪魔者のプレイヤーが最低1人いた方が面白いため)

ゲームの進行は至って簡単です。手札から1枚プレイする。そして補充。これだけ!

カードは3種類あり、

・掘削カード
・妨害カード
・リカバリーカード

多くは掘削カードですね。このカードをテーブル上に並べることで金鉱への坑道の広がりが表現されます。

DSCN1061s-.jpg
こんな感じでゴールに向けて掘り進めます。

そして妨害カードで気に入らない人の邪魔をします。ミルボーンというカードゲームの「赤信号」みたいな感じで、この妨害カードを出されると掘削カードプレイ不可になってしまいます。

そんな妨害カードを取り除くのがリカバリーカードです。味方と思しき人を救いましょう。

【面白さのポイント】
さて、このゲームは基本的には一種のチーム戦ゲームと言えるかもしれません。

お邪魔者チームは一致団結、金鉱にたどり着かないようにひたすら妨害を繰り出しましょう。

でも良いのでしょうか?

正体がバレても良いでしょうか?バレると真面目軍団から集中砲火に遭うのでは?それを避ける意味で、さりげない妨害が必要かもしれません。そうなるとこれは一種の正体隠匿ゲームと言うことになります。

また、真面目軍団も一筋縄ではいきません。金鉱にたどり着いたなら、勝利点を得るのですが、より高い得点を真っ先に取るのは一番手柄のあった人です。そうなると、一番手柄の争いになり……まるで足の引っ張り合いを演じる破目に。これは真面目なチーム戦でしょうか?

プレイヤー間の様々な思惑を、たった3種類のカードで表現しきっている、シンプルで、大人数で盛り上がるカードゲームです。

04:00 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示