05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

アムステルダムの運河・戦略ゲームの可能性

2013/10/19
ひろむちゃんの家に遊びに行きました。
http://yuruhuwa875.blog.fc2.com/

いろいろと楽しいのですが、ボードゲームマニアとしてはゲームはやはり外せません!

さて、今回遊んでもらったのは「アムステルダムの運河・戦略ゲーム」(テストプレイ)と今年のドイツゲーム大賞受賞作・花火です。



まず、アム運(「アムステルダムの運河」のことね)戦略ゲームなんですが、これについて簡単に説明しましょう。アム運はもちろん、言わずと知れたガーデンゲームズの創作ボードゲームで、今回行われる秋ゲームマーケットで販売する予定です。

131009_1034~01

このアム運ですが、当然ながら説明書が付いていて、ごくごく普通に遊べるのですが、その遊び方を説明書記載の「本ルール」と言います。この本ルールに対してチョコチョコと遊び方をいじったもの。つまりヴァリアントなのですが、このヴァリアントの一つが「戦略ゲーム」なのです。

ヴァリアントというものは、本ルールに対して、僅かでも変更を加えれば誕生するわけですから、ゲームデザイナー本人もヴァリアントを考えられるし、このゲーム作りに携わっていない人間でもその気になればいくらでもヴァリアントを作れるでしょう。この戦略ゲームの特徴は、デザイナー自身の手による公式・公認のヴァリアントなのです!ただ問題点が無い訳ではありません。

それはテストプレイ不足!なのです。問題点は問題点です。テストプレイを積み重ねることで撥ね返すしかないです。

今回何度か戦略ゲームを遊びましたが、感触としてはすごくいいです!このヴァリアントは本ルールと同等に楽しめるのではないか・・・・!そんな予感さえ感じました。

この戦略ゲームですが、本ルールと比較して、その名の通り戦略性が増し、運の要素が減っています。プレイヤーが、プレイする投資タイルの順番をある程度操作できますから、劇的なタイミングで大型の投資タイルがプレイされ、展開がよりドラマチックになる!運の要素が低くなっているのですが、その部分は好みが分かれる可能性があります。しかし、劇的な展開になりやすい戦略ゲームの面白さもなかなかのもので、このゲームのポテンシャルをとても感じました。

この戦略ゲームはテストプレイでもう少し練りますが、このヴァリアントの存在は、アム運を持っている人には朗報なのでは!と感じました。



次に遊んだのが花火です。

131009_1129~01

花火は協力プレイであり、自分の持っているカードの内容は分からないけど、相手の持っているカードはまる分かり、つまりインディアンの羽飾りではないですが、通常の手札の持ち方とは逆・裏向きに持つようにして、自分の手札の内容を見ないように気をつけないといけない・・・・。二重の意味で強い個性を持つカードゲームです。

2回ほどプレイしましたが、あまり良い成績は残せませんでした。運と勘が重要、そんな印象を持ちました。



今回は、花火とアム運戦略ゲームを遊びましたが、戦略ゲームがかなり楽しめそう・・・・と感じれたのが大きな収穫です。戦略ゲームについては、楽しめるという確信を持てたら当ブログで詳細のルールを発表します!

ひろむちゃん、今回もテストプレイ協力ありがとうございました。次回はゲームマーケットです。頑張りましょう!
04:49 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示