06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

クイズ五七五の遊び方(詳しく)

2021/04/11

YouTube・ルール説明動画

https://www.youtube.com/watch?v=ixUnDWqAD1s

このゲームを遊ぶには、「メモ用紙」、「筆記具」、「サイコロ1個」が必要です。あらかじめご用意ください。


※クイズ五七五、遊び方説明書を公開中
https://drive.google.com/file/d/1gBjCe3WmECqJviE6NWwHF7NLMgvIoiHz/view


DSC_0039s-.jpg

クイズ五七五は、クイズゲームです。またワードゲームでもあります。

プレイヤーは「出題者」と「解答者」になります。解答者は1人だけです。それ以外が出題者になります。

(解答者の役割は順番に回ってきます)

出題者が問題文を作り、解答者が正答を目指します。

まず、今回の「答え」を用意します。答えは答えカードのうちの1つで、サイコロによりランダムに決まります。

DSC_0040s-.jpg
答えカード。50枚あります。1枚につき6つ答えがあるのでこのゲームの正解は300種あります。

もちろんこの答えカードの表面は、解答者に見せてはいけません。

さて、いよいよゲーム開始です。出題者は問題文を作るために紙に1文字を記入します。

そうしたら解答者は解答のため、答えと思える言葉を1回だけ言ってください。

問題文がたった1文字しかないならおそらく正しい答えにはならないでしょう。

そこで新たな出題者(前の出題者の隣)が問題文に新たな1文字を追加します。そして、解答者が答えます。

【ゲームの流れ】

出題者(A)の文字記入解答者が答える出題者(B)の文字記入解答者が答える出題者(C)の文字記入・・・・


1問につき解答者の解答権は17回です。17回以内に正しい答えを言うことを目指すのです。

DSC_0042s-.jpg
17文字をフルに書いた場合の例。「うみにしず ふねのそとから ぎょらいうつ」。これが何か分かりますか?

もちろん、早い正答は得点が高いです。

また、解答者だけでなく出題者にも得点があります。出題者の得点は、最も最近問題文に文字を記入したプレイヤーのみに入ります。こちらも早い正答の方が点が高いです。

注意すべきは解答者が17文字以内で正解できなかった場合です。この場合、解答者はマイナス点です。さらに、解答者から見て、今回の問題文をトンデモナイ方向に持っていってしまったケシカラン文字を記入した出題者1名へのペナルティもあります。

DSC_0041s-.jpg
出題者は文字を1文字書くたびに、自分の「アルファベット」を文字のすぐ脇に書くのです。各プレイヤーはアルファベットカードを持つのでどの文字を誰が書いたかは明らかになるのです。トンデモナイ文字を書かないように気を付けましょう!

全員が解答者を2回ずつしたらゲームは終わりです。最も得点を稼いだプレイヤーが勝利となります。

補足:
遊び方説明書にも書いてありますが、このゲームでプレイヤーがあまりに長考してしまうとテンポが悪いです。テンポ良く遊ぶために時間制限を設けると良いでしょう。1文字書くごとに30秒。解答者が1回答えるために30秒くらいがおすすめです。キッチンタイマーがスマホのアプリで手に入るので、キッチンタイマーかアプリで時間を計りましょう。

03:18 クイズ五七五 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示