06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

【赤と黒のデュエル】ルール詳細

2021/04/02
私は創作ボードゲーム作りの傍ら、いくつかのトランプゲームも考えています。それら、トランプゲームのルールはゲームマーケットにてガーデンゲームズのオマケとして限られた枚数が配布されました。「赤と黒のデュエル」もそうしたゲームの一つです。2019年春のゲームマーケットのオマケでした。この、赤と黒のデュエルですが、私のトランプゲームの中で特に印象深く、自信作です。

赤と黒のデュエルはトランプゲームですがチップがあった方が断然遊びやすいです。

トランプとチップを持っている方にはぜひ試してほしい!そのように思い、ルールを公開いたします。ブラフが重要なギャンブルゲーム、赤と黒のデュエルをぜひ楽しんでください。



ルール考案:樫尾忠英  プレイ可能人数:2人 8歳以上推奨 プレイ時間:20~30分
 
(1)ゲームの概要と目的:
「赤と黒のデュエル」はトランプとチップを使うゲームです。プレイヤーは赤陣営もしくは黒陣営になり、自陣営を勝たせるためにカードプレイし、チップを稼ぎましょう。ゲームが終わった段階でよりチップを稼いだプレイヤーの勝利です。

(2)大原則、カードの強弱:
大原則:カードの強さはランクで決める。(強)A>K>Q>J>10>9>…>3>2(弱)
大原則:ランクが同じなら強さはスート(トランプのマーク)で決める。 (強)(弱)

(3)ゲーム用具:
トランプ1組(ジョーカーは不使用)、チップ。チップで得点を管理してください。チップがある方が断然遊びやすいので、是非チップ類をご用意ください。

(4)ゲームの準備:
使用するカードを裏向きにしてよく混ぜ、各人に6枚ずつ配ります。これは手札になります。そして、チップをテーブル上に用意します。これを「銀行」と呼びます。各人は銀行からチップ15点分を受け取ります。

(5)ゲームの進行:
ラウンドの初めに「陣営」を決めます。が黒陣営、が赤陣営です。手札から1枚カードを裏向きに出し同時に公開してください。

・公開されたカードが異なる陣営の場合:各人が出したカードの色が各人の陣営になります。

・公開されたカードが同じ陣営の場合:より強い方が自分の出したカードの色の陣営になります(ランクが並んでいる場合はスートが強い方が自分の色の陣営になります)。相手は自分の出していない色の陣営になります。


陣営決めで使ったカードは手札に戻りません。どちらがどの色の陣営か示すために、ラウンド中ずっと手元に置いておいてください(両方とも同じ色だったとしてもランクなどにより陣営が分かります)。

陣営が決まったら、銀行から3点分のチップを取り、テーブル中央に置きます。これをポットと呼びます。ポットに蓄えられているチップは、ラウンドの勝者が取ることになります。

大原則:前のカードでより強いカードを出した方が、次のカードプレイを先にする。ランクも並んでいる場合はスートがより強い方が、次のカードプレイを先にする。

ここからゲームは本番です。プレイヤーは1枚ずつカードを手札から裏向きでプレイします(すぐ上の大原則を忘れないように。陣営決めでより強いカードを出した方が最初にカードプレイします)。

重要:1枚のカードをプレイする際は必ずポットに1点チップを払わねばなりません(例外:陣営決めのカードプレイ)。この1点の支払いを「参加料」と呼びます。

重要:ラウンドがスタートしたら(ポットに3点分のチップを用意されたら)プレイヤーはいつでもラウンドを降りることができます(ラウンドの敗北を認めるという意味です)。この降りる戦術は、無駄な参加料を抑える効果が望めます。

1枚1枚のカードの勝敗:お互いが1枚ずつカードをプレイしたなら表向け、どちらのカードが強いか明らかにします(大原則に沿って判断してください)。勝敗が決まったら、この2枚のカードを表向きで重ねて置きます。このとき、勝った方が上になるようにして少しずらして重ねるようにしてください。そして次のカードプレイをしてください。先にカードを出すのは前のカードで強いカードを出した方です。

(6)ラウンドの終了、次のラウンド:
いずれかのプレイヤーが降りたのならラウンドは終了です。または、重ねられた上のカードを見たとき、赤か黒か、いずれかの色が3枚になったのならその色の陣営の勝利でラウンドが終了です。ラウンドが終わったなら勝った陣営のプレイヤーがポットのチップを総取りし、手札や今回のラウンドで使われたカード全てを裏向きで捨て札にし、次のラウンドに移ってください。山札が残っているなら各人にそこから6枚ずつ配って、陣営決め・ポットに3チップ用意から次ラウンドをスタートしてください。山札が4枚だけになったら、使用する全カードを混ぜ直して新たな山札を作ってください。

(7)ゲームの終了と勝者:
片方のプレイヤーが破産(=ラウンド開始時点で所持チップ4点以下)でゲームは終了です。あるいはいずれかのプレイヤーのチップが30点以上でもゲームは終わりになります。よりチップを多く持っている方がゲームに勝利します。
04:21 ガーデンゲームズ創作トランプ | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示