07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

締めはドラコの山分け!自宅ゲーム会

2014/05/23
つい先日のことなのですが、経さん、ゆーじさん、リポさんに来ていただき、ボードゲームを楽しみました。みなさん、近所なので遊ぶ機会が多く、もう何度も遊んでおります。非常にありがたいですね。さらにお土産のカードゲームまでいただいてしまい、非常に感謝です!



まず遊んだのが少人数人狼・ルプスブルクです。
DSCF7173s-.jpg

このゲームがなぜ少人数で人狼ができるのか。その秘密は1人2役です。1人のプレイヤーが2人のキャラクターを操る・・・・こういった工夫で少人数プレイが可能なのです。

狼人間、泥棒、一般村人がいます。私は2回のプレイで結局どちらも普通の村人で役がありませんでしたね。村人が結構楽しかったです。純粋に、状況証拠だけから犯人(狼)を推理するのが楽しいですね。

1回目のプレイでは経さんが狼勝利、2回目はゆーじさんが狼だったのですがこちらは吊るされてしまい、得点でリポさん勝利でした。


次に遊んだのが、経さん持ち込み、さえずり です。
DSCF7174s-.jpg

4人プレイの時はチーム戦になるようです。小鳥を操り餌をパクパク、駒がとても凝っていて、ゲームというか置物というか。

これは経さん&私チームの勝利でした。


エルグランデの拡張セット、王と参謀。
DSCF7175s-.jpg

このゲームはルールの特徴から、4~5人向け、という印象です。2~3人で遊ぶ時は、プレイしたカードか王カード(もしくは参謀カード)の選択ができるのですが、4~5人の時は、王カード(もしくは参謀カード)を取った時はプレイしたカードではなく王カード(参謀カード)を使うのを強制されるのです。

これは4位。ぬぬぬ。


ここで気軽なゲーム、私の世界の見方を遊びました。やはり知り合い同士だとかなり盛り上がるワードゲームですね。特に今回はノリの良いメンバーだったこともあり、とても盛り上がりました!これはリポさんが優勝。


ラボカを遊びました。これは経さん持ち込みです。
DSCF7176s-.jpg

このゲームは立体でウボンゴをやるようなゲームなのですが、
「あっちから見る人」と「こっちから見る人」
でチームを結成し協力して積み木を積むという非常に独特なプレイ感の、一種の協力ゲームです。

これは独特のプレイ感で非常に物欲が刺激されるとても面白いゲームなのですが、プレイして面白い人数の幅の狭さがネックに感じました。


キャメルアップを遊びました。
DSCF7177s-.jpg

これはサイコロの引き運、サイコロ運、運の要素がかなり重い印象なのです。4位。そういう、『間違った思い込み』が敗因なのかもしれません。もう少しやり込んでみたいです。かわいいですし、簡単ですしね。


宝石の煌めき。
DSCF7178s-.jpg

これは宝石という題材なのですが、徐々に宝石を貯めいきより価値の高いカードを引く、(経さんの言葉を借りれば)RPGのような成長のゲームです。3位。


今回最後はガーデンゲームズ春の新作、ドラコの山分けです!
DSCF7179s-.jpg

4人で出来て、短時間で切りが付く、ということで選ばれたのですが、短い時間でわぁっと盛り上がりなかなか良いゲームと感じました(手前味噌ですが)。

呪われしカードを混ぜるときの方法を書きましたので、ドラコの山分けを遊ぶ時はそちらもご覧ください。
http://gardengames.blog40.fc2.com/blog-entry-375.html



今回も遊びに来ていただきとても楽しめました!ドラコの山分けができたし、エルグランデ拡張もできたしかなり収穫が多かったと思います。また遊ぶ機会を作りたいですが、今度はガーデンゲームズのゲームの構想を持って行けるか??そのあたりはなんとも・・・・。
11:58 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示