05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

6月前半館林ゲーム会

2014/07/25
梅雨入りが宣言された関東地方。梅雨入りのっけから梅雨本番の様相で連日雨、雨、雨。梅雨らしい毎日の天気だが、それでもあまりに雨が連続過ぎるのもやはりうっとおしい。運動不足にもなる。そこでうっぷん晴らしにゲームだ!館林でゲーム会が開かれそれに呼ばれ参加となりました。


この日は創作カードゲーム「トルトラレル(仮)」のテストプレイも行われ、テストプレイにつきあってくださった皆さんにとても感謝なのです。今回のテストプレイでは、

点数配分が荒い!

という指摘がありました。なるほど、納得です。この部分は調整します。このゲームの基礎的アイディアは良かったようですが、まだまだ調整が必要なようです。

(これは後の日のできごとですが、「魚カード導入」というアイディアを思いつき、そのことをひろむちゃんに話したら、魚カードの枚数多すぎ!と言われてしまいました。魚カードと言い、点数配分と言い、特に用具面での変更が大きいです。魚カードのアイディアはルール面で大きな修正事項です。ルール、用具ともに作り直しになります。こういう修正を繰り返すことで自信を持って送りこめるゲームになっていくんですね)


久しぶりにアムステルダムの運河を遊びました。
DSCF7214s-.jpg
今回のプレイでは優勝となりました。勝てて素直にうれしいです。最近、俺の中ではアムステルダムの運河が流行っており、もっとプレイしたい、プレイを重ねたい、とアムステルダムの運河熱が高まっています!機会を見つけてどんどんプレイしたいです。


原始スープを遊びました。
DSCF7216s-.jpg
ゲーム序盤の均一な海。

DSCF7217s-.jpg
ゲーム終盤の栄養分の偏った海。

このゲームはちょっと前によく流通していた、評判の良いゲームです。よくこんな昔のゲームを入手するなぁと感心。このゲームは人数の都合上ほとんど遊ぶ機会がなかったのですが、今回プレイの機会に恵まれ、とてもありがたいです。

ただ、このゲームで指摘されたことは、

「樫尾さん、このゲームは苦手ですね!」

う~ん鋭い!顔に出てしまったか、そうなんです。俺はテキストに依存するようなタイプのゲームは好みではないのです。
(俺の作るゲームでテキストに依存するようなゲームってないでしょ?!)


エルグランデ異端審問官と植民地。
DSCF7218s-.jpg
ちょいピンボケですまん。

テキスト依存度の高いエルグランデの拡張、異端審問官と植民地。これはアリなテキスト依存です。アリのアリたるゆえんは、一度に登場するテキストの文量です。ゲームを通じてみるとかなりのテキストがゾロリとあるのですが、ラウンドごとにチョビチョビ出てくるので

「テキストあって苦手だぁ」

という苦手意識が全然刺激されず。これは良いテキスト依存なのです。ぺけでしたけどね。とても楽しめる、エルグランデも楽しめるし拡張も良い。これは陣取りの最高峰と言っても言い過ぎではないでしょう。


クラマー先生の新作カードゲーム、アブルクセン。
DSCF7219s-.jpg
ネット上の評判を見るとなかなか評価の高いような・・・・そんな印象だったので早速購入してプレイ。

とにかく手札を減らし、手元に置かれるカードを増やす、そんなゲームです。1回のプレイ時間がかなり短い、さっと終わるゲームですね。まだまだプレイ回数が少ないこともあり、面白さの核心が掴めていないような・・・・そんな印象です。あと何度も何度も遊んでみてアブルクセンの真価を見定めたいです。


この日最後は北極点。
DSCF7222s-.jpg
カードで遊ぶ双六ゲームですね。経さんはこういう見た目のゲームについつい手が出てしまうようですね。これはペンギンの冒険がテーマのカードゲームです。


この日も色々できました!やはりトルトラレルのテストプレイはとても参考になり、ゲーム創作のプラスになっていると思います。またガーデンゲームズのアムステルダムの運河も良かったです。これはまだまだ遊んでみて、今後のアムステルダムの運河の発展につなげたいです。今回もありがとうございました!
04:50 交流会 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示