09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

モダンアート

2014/09/20
DSCN1534s-.jpg
モダンアート、ハンスイムグリュック版。

【どんなゲームなの?】
ライナー・クニツィア作の競りゲームの名作です。

絵画カードの売買を通じてお金を稼ぎ、ゲーム終了時に最もお金持ちになることを目指すゲームです。

ラウンドの冒頭、各プレイヤーに絵画カードが配られます。これが手札になります。

手番になったら、手札から1枚を競売にかけます。この競売は、オークショナー本人も買う機会があります。オークションにはいろいろな種類のオークションが登場します。

ほとんどルールのないフリーオークション、各人が1度ずつしか値付けできない一巡の競り、入札に使うお金を握って出す同時競り、あらかじめ売値が定められる指し値入札、2枚のカードを同時に売りに出す競り。

ラーや、クーハンデルのような一般的な競りゲームは競りの方法が1種類しか登場しません。しかしモダンアートは上述のように様々な競りが登場し、それを一つのゲームの中でそれぞれ堪能できます。また競りの方法はカードに記号で書かれているので、どのカードをどういった順番でプレイするかも考えどころになっています。

オークショナーが他プレイヤーにカードを売れば、付けられた価格のお金をもらいます。例えば、「150」の値が付けられたなら、あるプレイヤーは150を払い、手番プレイヤーは150のお金をもらう。つまり150+150=300の資産の移動と同じインパクトがあります。

また、オークショナー本人が落札する場合があります。この場合は銀行に代金を払います。

買った絵画カードは手札ではなく「手元」に置かれます。各人が溜めている手元のカードを見て、同じ種類のカードが5枚に至ったならラウンドが終わり、清算します。絵画カードは絵画を描いた画家別に5種類のカードがあります。各人が持つ絵画カードは、「世に流通している絵画」ということになり、それが多いほど人気のある絵画ということになります。人気がある絵画は30、20、10と値段が設定され、手元の絵画を現金化します。

この現金化ですが、前ラウンドの人気も今回のラウンドの価値に上乗せされます。とはいえ、不人気の2人の画家の絵は全く無価値になります。

DSCF6954s-.jpg

こうして4回ラウンドを終えたのち、最もお金を持っているプレイヤーの勝利になります。

【面白さのポイント】
このゲームは何と言っても競りゲームの大傑作だと思います。一つの競りゲームでいろいろな種類の競りを堪能できることは際立った特徴です。また、このゲームは潔いほどに競りしかゲームルールに盛り込まれておらず、競りの面白さに焦点を当てたゲームになっています。

競りにも一巡の競り、指し値入札などいろいろなオークションがあり、オークションにも様々な個性があるのでそういった競りの特徴さえも踏まえたプレイが求められるでしょう。

このゲームは人気画家作品が価値があるのですが、その価値を左右するのは各人のカードプレイです。自分である程度は操作できるのです。そして、欲しければ買えば良いだけのこと。競りの種類は多いですが、ゲームの流れは簡潔で分かりやすいです。

競りゲームが好きな人にはもちろんとてもお薦めの作品です。ただこのゲームも競り独特の「相場観」の分かりにくさはあるかもしれません。相場観ですが何度かチャレンジすれば良いと思いますので、このゲームに馴染めないと思っても、ぜひ複数回このゲームに挑んでほしいと思います。




04:30 これを遊ばず死ねるか! | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示