04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

熟語トランプで遊ぼう「熟語台札」

2012/07/24
熟語トランプで遊ぼう!
(こんな熟語トランプのルールを考えてみたよ)
以前にボードゲームランドに掲載されていた熟語トランプを使った遊び方


更新日:2009年7月12日

ゲームタイトル:熟語台札
ゲーム可能人数:2~4人
ゲーム推奨年齢:10歳以上
カバレロ考案

ゲーム概要
熟語トランプの遊び方の一つです。手番プレイヤーが山札から1枚カードをめくり、それが必要なら確保できます。手札のすべてを組にできれば上がることができ、得点を他プレイヤーからもらいます。

ゲーム用具
・熟語トランプ1組54枚(ジョーカーも使います)
・チップ(得点記録用)

ゲームの準備
・適当な方法でディーラーを決めます。
・カードは裏向きにしてよく混ぜ、山札とします。全プレイヤーに7枚ずつを配ります。
・チップを各プレイヤーに60点分ずつ配ります。これが初期資金になります。

ゲームの進行
・ディーラーが最初の手番を行います。

・手番プレイヤーは山札から1枚カードを引き、それを表向きにしてテーブル中央に置きます(このカードを台札と呼びます)。

そして台札を要ると思えるプレイヤーがいるのなら、そのプレイヤーが台札を用いてできる組を完成させ、手元に置きます。

そしてそのプレイヤーの手番になり、手番プレイヤーは手札からもっとも不要と思えるカードを手元(自分の作った組と混ざらないように気を付けましょう)に1枚捨てます。

これが新たな台札になります。あるいは捨てるカードが無いのなら(手札がすべて組になっているのなら)上がることができます。

もしも台札が誰からも必要とされていない場合は、その台札は捨て札になり手番は終了します。

左隣のプレイヤーが新たな手番プレイヤーになり山札から1枚カードをめくります。このめくられたカードが新たな台札になります。

台札を取る優先順位
(優先度高い)ロン>手番プレイヤーの台札取得(ツモ)>カン>ポン>チー>ペア>二字熟語(優先度低い)

もしもこの順位が同じ場合は時計回りに見て、手番プレイヤーに近いプレイヤーが優先します。


用語の解説

組とは…
フォーカード(トランプの数値が同じカード4枚組)か、
四字熟語か、
スリーカード(トランプの数値が同じカード3枚組)か、
三文字熟語か、
二字熟語連続か、
二字熟語2個か、
ペア(トランプの数値が同じ2枚組)か、
二字熟語
のいずれかのこと。

二字熟語連続は「日本音」(日本・本音)のように、二字熟語が連続している形です。

「三文字熟語」とは「後半生」の様に3文字で一組の熟語になるような組み合わせのことです。

二字熟語2個とは、「本意用」のように三文字熟語でなく、二字熟語が連続でつながっているわけではないが二字熟語が2個作れる状態のことです。この例だと、「本意」、「用意」という風に2個熟語が作れます。

ロンとは…台札を取った時に自分のすべてのカードが組になっていて、捨てる札が1枚も無い状態。上がりになることを意味し、この状態を目指すのがゲームの目的。

ツモとは…手番プレイヤーが台札を取ること。取る場合は、台札を活用して組を作らねばならず、作った組は表向きにして手元に置いておくようする。

カンとは…台札を取るとフォーカードもしくは四字熟語ができること。

ポンとは…台札を取るとスリーカードができること。

チーとは…台札を取ると三文字熟語か二字熟語連続か二字熟語2個ができること。

ジョーカーの使用法
ジョーカーは2通りの使い方があります。
1.「々」という字にして使う。この場合、「人」というカードがあればジョーカーと一緒にして「人々」という熟語が作れます。

2.ペア、スリーカード、フォーカードの一部として使う。この場合はトランプの数字部分に着目して全く任意のカードとして使えます。

台札を付ける
手元に表向けられている組のうち、ペアがある場合は、それと同じ数値の台札がある場合はポンをしてスリーカードにすることができます。

同様に、手元に表向けられている組のうち、スリーカードがある場合は、それと同じ数値の台札がある場合はカンをしてフォーカードにすることができます。

手元に表向けられている二字熟語に対してそれと連なるようなカードが台札である場合は、それをチーをして組の得点を上げることができます。この場合、二字熟語が二字熟語連続か二字熟語2個になります。

得点の計算
誰かがロンをしたらラウンドは終了になり、そのプレイヤーの得点を計算します。
zu.jpg

表向きにして手元に置かれておらず、手札内で完成している場合は、得点は2倍になります。例えば、手札の中で完成している二字熟語連続は10点です。

ロンしたプレイヤーの得点を他プレイヤーが払います。例えば、4人プレイで、ロンしたプレイヤーの得点が15点なら他プレイヤーは15点ずつ払います。この場合、ロンしたプレイヤーは45点の収入があることになります。ロンをして完成した組は表向きにしてさらされているカードとして得点計算します。

次ラウンドの準備
ロンしたプレイヤーがディーラーになりすべてのカードをよく混ぜ、全プレイヤーに7枚ずつ配り山札から1枚カードをめくり、それを台札にします。

ゲームの終了
8ラウンドが終了したらゲームは終了です。また、いずれかのプレイヤーの得点がマイナスになったらそのラウンドで終了になります。

ゲームの勝利条件
得点の合計を求めて最も高いプレイヤーの勝利です。


質問:3枚組が完成し、その後2枚で二字熟語を作り、さらに2枚で二字熟語を作りました。1枚余ったカードを捨て札にして上がりになるのでしょうか。

回答:なりません。3枚あるのですから、最後に作るべきは2枚組ではなく3枚組にすべきなのです。最後の段階で3枚組になるのでしたら上がることができます。(他に台札をつけるという手もあります)。


03:49 熟語トランプで遊ぼう | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示