03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

熟語トランプで遊ぼう「捨て熟語」

2012/08/04
熟語トランプで遊ぼう!
(こんな熟語トランプのルールを考えてみたよ)
以前にボードゲームランドに掲載されていた熟語トランプを使った遊び方


掲載日:2009年2月11日

ゲームタイトル:捨て熟語
ゲーム可能人数:2人or4人
ゲーム推奨年齢:10歳以上
カバレロ考案

ゲーム概要:
熟語トランプの遊び方の一つです。手番になったら2枚カードを引き、1枚は手札にしてもっとも不要なカードは捨て札にします。得点を数える時、手札の得点は倍になりますが、捨て札も得点源になります。

ゲーム用具:
ジョーカー2枚を除いた熟語トランプ52枚。鉛筆とメモ用紙。

ゲームの準備:
・適当な方法でディーラーを決めます。
・カードは裏向きにしてよく混ぜ、山札とします。山札から4枚のカードを裏向きのまま抜き取り、ゲームから除外します。

ゲームの進行:
・ディーラーが最初の手番を行います。
・手番プレイヤーは山札から2枚カードを引き手札に加えます。そして手札からもっとも不要と思えるカードを手元に表向きにして捨てておきます。以上で手番は終了し、左隣のプレイヤーが手番プレイヤーになります。

得点の計算:
すべてのプレイヤーの手札が6枚になったら一旦ゲームを中断し、得点計算をします。

手札を3枚の組に分け、それで役を作るようにします。また、手元の捨て札も3枚の組に分け、可能な限り高い役を作るようにします。役の得点は次のとおりです。

二字熟語:1点。二字熟語2個:3点。連続二字熟語:5点。三文字熟語:10点。

連続二字熟語とは、「日本音」のように、三文字熟語ではないが、二字熟語が連続でつながっている形のことです。この例だと、「日本」と「本音」がつながっています。

二字熟語2個とは、「本意用」のように三文字熟語でなく、二字熟語が連続でつながっているわけではないが、二字熟語が2個作れる状態のことです。この例だと、「本意」、「用意」という風に2個熟語が作れます。

手札のカードは上記の得点を2倍にした点数になります。捨て札でできた組の得点は、上記の点数がそのまま入ります。

得点はメモ用紙に記録します。計算後、手札・手元の捨て札ともにゲームから除外します。そしてゲームを再開します。

ゲームの終了:
山札が尽きたらゲームは終了です。最後の得点計算を行います。

ゲームの勝利条件:
得点の累計を求めて最も高いプレイヤーが勝利します。

03:11 熟語トランプで遊ぼう | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示