10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

月狼画集を読む

2015/03/17
はじめに:月狼画集とは
DSCF7390s-.jpg

「月夜の人狼」というゲームがあります。このゲームは、よく知られている「人狼」の系譜のゲームのようです。特徴的なのは多くの役職がある、という点です。50以上の役割・職業・キャラクターが登場します。この月夜の人狼ですが、キャラクターのイラストを手掛けたのは長谷川登鯉さんです。この画集を入手したのは登鯉さんのセミナーに参加したのがきっかけです。

http://bodogedama.jimdo.com/

この画集は基本的にイラスト集で、登鯉さんがイラストを手掛けるときにどんな風に書いたのか、どういうような工夫をしたのかが文章で簡単に添えられています。

描かれているイラストはファンタジックで愛嬌があり、ユーモラスで独特な造形が独自の世界観を構築しているのです。

この記事では、私が特に気に入ったキャラを紹介すると共にこの画集の一部を写真で公開します。



「人狼」
DSCF7381s-.jpg
このゲームの基本的キャラクターであり、主人公とも言うべきキャラ、そして月狼画集で最初に描かれたキャラです。このゲームを語る上で欠かせない主要キャラクターです。



「裏切り者」
DSCF7382s-.jpg
すぐ次に登場する狼の眷族と同じ造形のキャラです。



「狼の眷族」
DSCF7383s-.jpg
キャラクターの性質上、裏切り者と同じ造形ですが、背中を見せているか顔を見せているかの違いがあります。ルールに即したイラストであり、こういう部分がゲームデザイナーとともにイラストに携わる人間がゲームを作っていると感じさせるイラストなのです。



「工作員」
DSCF7385s-.jpg
狼陣営のキャラの一つ。このキャラのイラストは私がこの画集の中で最も好きなイラストです。工作員が持っているハサミですが狼の噛み傷に擬するために用いるアイテムです。人間だけど狼風に人間を殺せる・・・・こういうアイテムを持たせる・思いつくというのがスゴイですね。カッコいいです。



「死神」
DSCF7386s-.jpg
死神コインという別ゲームに登場したキャラが再登場。クロスオーバー。手塚治虫のスターシステムのようでこういうのは好きです。



「道化」
DSCF7387s-.jpg
イカレている人です。頭がもげてなくなっているわけではありません(さて、頭はどこに?)。



この記事で紹介したキャラはごくごく一部です。まだまだ魅力的なキャラクターはたくさんいます。ぜひ、この画集を読んでみてほしいと思います。
04:40 コラム | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示