07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

熟語トランプで遊ぼう「熟語テン」

2013/01/30
熟語トランプで遊ぼう!
(こんな熟語トランプのルールを考えてみたよ)
以前にボードゲームランドに掲載されていた熟語トランプを使った遊び方


更新日:2010年4月2日

ゲームタイトル:熟語テン
ゲーム可能人数:2~4人
ゲーム推奨年齢:10歳以上
カバレロ考案

ゲーム概要
熟語トランプの遊び方の一つです。配られるカード、引くカードで手札の中から熟語を作り10点に到達することを目指します。

ゲーム用具
熟語トランプ1組54枚(ジョーカーも使います)

ゲームの準備
カードを裏向きにしてよく混ぜ、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。配られたカードは手札になります。

残ったカードを山とします。

適当な方法でスタートプレイヤーを決めます。

ゲームの進行
プレイヤーは手番になったら(=ディーラーになったら)山札からカードを裏向きのまま引いていきます。引く枚数はプレイヤー人数と等しい枚数です(例外:2人プレイ時。2人の時は3枚引くようにします)。

引いたら、1枚ずつ表向きにしていき、めくられたカードが誰のカードになるか直ちに決めねばなりません。めくったら即座に誰に渡すかを決めるのです。引いたカード全ての中身を確認してから誰に渡すかを決めるのではなく、1枚めくるごとに誰に渡すかを決めるようにします。

このとき注意するポイントは「既に受け取っているプレイヤーに渡せない」という制限です。

あと、「ディーラー自身もカードを1枚受け取る」という点にも注意をしてください。

2人プレイ時は1枚カードが多いですが、これは捨て札になります(順番にめくっていって相手に渡したくないし、自分は既に受け取っているなどという場合は「捨て札」という選択肢がいいでしょう)。

こうして、全員がカードを1枚ずつ受け取ったら新ディーラーに交代します。元のディーラーの左隣のプレイヤーが新ディーラーになります。山札が無くなったら捨て札をよく混ぜて新しい山札にします。

ロンとツモついて
手札を使って熟語の組を作ります。

得点の価値は青いカード:1点、ピンクのカード:2点、黄色のカード:3点、緑のカード:4点、茶色のカード:5点、ジョーカー:1点です。

熟語は2字でも3字でも4字でもいいです。ディーラーからカードを配られた時、その札を使って、手札の中で熟語の組の合計点が10点以上になる場合、「ロン」と宣言し手札を公開します。

こうして、全プレイヤーに確認してもらい問題がなければ上がれます。上がった場合、手札の熟語の中から1枚を選び取り、それを表向きにして手元に置いておきます(それ以外の手札は捨て札になります)。これの価値(青は1、ピンクは2、黄色は3点、緑4点、茶色5点、ジョーカー1点)がゲームにおける勝利点になります。

自分がディーラーの時にカードを自分に配った時、その札を使って、手札の中で熟語の組の合計点が10点以上になる場合、「ツモ」と宣言し手札を公開します。こうして、全プレイヤーに確認してもらい問題がなければ上がれます。上がった場合、手札の熟語の中から1枚を取り、それを表向きにして手元に置いておきます(それ以外の手札は捨て札になります)。これの価値がゲームにおける勝利点になります。

ロンもしくはツモが行われた場合は、全プレイヤーの手札全ては捨て札になります。その後、全プレイヤーに山から3枚ずつカードを配り手札にします。

上がった場合の処理の例



手札が上記のような5枚の状態ならば、

「徒花」、「器用」という2つの熟語が完成になり、これらのカードの価値の合計は

4(徒) + 1(花) + 4(器) + 2(用) = 11

になり、10点以上なのでカードを配られた段階(もしくはツモった段階)で上がることができます。

この時、熟語になっていたカードの中でもっとも価値の高いカードを勝利点のカードにするのが望ましいと思いますので、「徒」か「器」を手元に残すようにしましょう。それ以外のカードは捨て札になります。「格」は5点というように価値が高いカードなのですが、熟語にできませんでしたのでこれを得点カードにすることはできません。

カードの組み合わせの例

水文


手札が上記のような5枚の状態ならば、

「月給」、「文楽」という2つの熟語が完成になり、これらのカードの価値の合計は

1(月) + 4(給) + 1(文) + 2(楽) = 8

になり、10点未満なのでまだ上がれません。

月と給と水が、「月給」、「給水」というようにつながりがなくはありませんが、「給」のカードを2回使うような状態です。この様に、1枚のカードを2回使うようなことはこのルールでは認めていないことに気を付けてください。

その他のルール
・ジョーカーについて:ジョーカーは「々」という字として扱います。

・チョンボについて:ロン、もしくはツモの時問題がある場合はチョンボになります。チョンボになった場合、他の誰かが上がるまでの間「あがり放棄」という扱いになります。

ゲームの勝利
誰かが3回上がったら直ちにゲームは終了になります。3回上がれたプレイヤーはボーナスとして2点を得ます。得点カードの価値の合計(とボーナスも加算します)が最も高いプレイヤーの勝利です。

03:52 熟語トランプで遊ぼう | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示